2010年12月アーカイブ

本日ようやく、すべての出荷を終えました。無事仕事納めです。

といいながら、まだ会社で残務整理してますが・・・

 

年末の交通事情で、通常より配達が遅れているようで、何件かのお客様からお問い合わせの電話をいただきました。特に関東方面の荷物が遅れているようです。

今日お電話いただいたところは、それ以降問い合わせがないので無事ついたでしょうか?

 

荷物が遅くなったり、一部間違った商品を発送したりしてご迷惑をおかけしたお客様、本当に申し訳ございませんでした。今後このようなことがないよう気をつけます。

 

それではよいお年を。

 

 

 

洗浄機対応の味噌汁椀イメージ

当社オリジナルのお椀 大和小吸椀 溜に黒乾漆帯 お値段はこちらから

耐熱ABS樹脂製なので、洗浄機でご使用いただけます。

塗りは、ざらざらした乾漆系の塗りなので、傷が目立ちません。

シンプルですが、落ち着いた塗りなので、和食やさん全般でお使いいただけます。

丸そば皿

ざる蕎麦のお皿にお勧めなのが、この丸いお皿です。

丸皿

竹スをとれば、丸いお皿としても使えます。

ABS樹脂製で軽くて割れにくく、塗りは銀の刷毛塗りです。

直径が24cmのお皿なので、お寿司やお刺身などの盛り付けにもご使用いただけます。

渦丸そば皿 いぶし銀(竹ス付) はこちらのページでご紹介してます。

朝から雪の予報の鯖江です。

天気予報通りですが、実は思ったほどではなかった・・・10センチくらいは積ってたかな?

もっと降ると思ってたので、ちょっとほっとした朝でした。

でも、今日が出荷の一番のピークの日。

運送便が待てども待てどもやってこない。

いつもなら、お昼前後にネコのマークのトラックや飛脚のトラックが配達に来るのに全く来ない。

午後3時になっても来ないので、たまらず電話しました。

やはり、雪の影響で配達や集荷の業務がかなり遅れているということでした。

それから待つこと1時間ほどで、ようやく待ちに待った運送便のトラック!

応援のトラックも別に1台きてくれて、なんとか無事本日の出荷業務も終わりました。

 

ドライバーさん、お疲れ様でした。

 

夕方から、雪がちらほら降ってきて、いっそう寒さが身にしみてきました。

とうとう降ってきちゃいましたね。。。

明日の朝起きた時びっくりするくらい積ってたらどうしよう。。。

 

重箱の出荷の事ばかりになりますが、明日が一番出荷が多いのです。

心配、、、

 

とにかく明日も全力で頑張りましょう!

重箱の出荷も今週に入り、ピークを迎えています。

まだまだこれからといった感じで出荷の準備ができた荷物が発送日順に並べられている状態です。

というわけで、1階の倉庫は1年で今が一番にぎやか♪♪♪

来週の中頃はこの荷物がすべて発送される予定なので、がら~んとした状態になりますが、その状態が毎年なんとなく寂しい気分になります。と同時に、ようやく新年を迎えられると思うのですが。

加工先も今日は休みを返上して、まだまだ重箱を仕上げている状態!

頑張っている人に頑張れとは言いづらいですけど、なんとか間に合わせてもらわないといけません。

毎年、ぎりぎりまでヒヤヒヤものですが、暇なことを思えばましだと思って、どの加工先も頑張っていますよ。

 

運送便のドライバーさんにも、毎日毎日重い大きな荷物を集荷してもらっているので本当に感謝です。

腰を悪くしないようにと願うばかり。

あとしばらくです。

息切れしないようしっかり働きます!

こんばんは。

クリスマスも近くなり、クリスマス寒波もやってきそうな天気予報で雪が心配な今日この頃です。

商品の発送が多いこの時期、特に年末の交通事情を考えると、雪が降るか降らないかで心配の度合いが大きく違いますからね。

運送屋さんも毎日いつもより多くの荷物の取り扱いで本当に忙しそうです。毎日配達や集荷に来てくれるドライバーさんは、大きな声で元気よく挨拶してくれるのでとても感じがよく、まさに営業ドライバーという言葉がぴったり!私も見習わないとなぁと思ってます。やはり挨拶は基本ですね。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

さて、前置きが長くなりましたが、当社の年末年始の休業のご案内です。

◇休業日  12月30日木曜日 ~ 1月5日水曜日

重箱関係の商品発送については、12月28日が最終です。荷物が届きましたら、速やかに商品を確認していただき、万が一、破損や数の間違いなどあった場合は、

フリーダイヤル0120-345-637までご連絡ください。

電話での受け付けは12月29日午後5時までとさせていただきます。

年明けは2011年1月6日より営業となります。

 

修理の商品で多いのが、まず「お椀」です。

お椀の口をつけるところ(天渕)が剥げているケースがよくありますが、その天渕だけを塗り直すということもしています。天の部分は一番剥げやすいので早めの塗り直しで、お椀自体の寿命も永くなるのではないでしょうか。しかも天の部分だけなら、全部塗り替えるより安上がりですし、そこだけ直すだけでもずいぶん印象が変わります。

修理としては、油分を洗い落とし、塗り替える部分をペーパーなどで研いで、塗る。

塗料で修理なら、場合によっては1週間もかかりません。漆塗りの修理であっても、全部を塗り替える事から考えると非常にお得なお値段で修理ができ、しかも早いです。

早めの修理で、お椀自体の寿命を永くしませんか?

昨日記事で書いたプレール盆(敷き膳)がお得な理由。

なぜ安くなっているのか?

このプレール盆は、以前当社のカタログに掲載していましたが、現在は掲載していない、つまりカタログ落ちの商品だからです。プレール盆自体は今でも扱っているのですが、茶乾漆塗りでの掲載はしていません。

決して商品が欠陥だからということではありませんので、ご安心くださいね。

サイズは横幅36cmと、それほど大きくはありませんが、朝食や昼食には十分な大きさではないでしょうか。

食べ終わった後の片付けもそのままお盆ごと運べるので便利です。

本当におすすめのお得な1枚です。

 

お詫び-----

こちらの記事で紹介したプレール盆は好評を得て完売いたしました。

直販サイトの良品特価・お盆のページにて他にもお買い得なお盆を掲載しておりますので、是非ご覧下さい。

お詫び

このページで紹介したお盆は数量限定での紹介だったため、売り切れました。

直販サイトの良品特価・お盆のページには、他にもお買い得な商品を掲載中です。

 

ご家庭でランチョンマットを使ってますか?

私は結婚したての頃、布製のランチョンマットをいろいろ買いそろえ、気分によって使い分けてました。

本日ご紹介するのは、お盆としても使える敷き膳です。お盆として使えるということは持ち運びがとても便利!

当社オリジナルのプレール盆です。

HB69-07L.jpg

プレール盆は左右が斜めに立ちあがった持ちやすい形状です。積み重ねもOK!

塗りは、茶乾漆塗りといって、茶色のざらざらした触感の塗りですので、傷も気になりません。飽きのこないシックな塗りです。

限定なので、ものすごくお得!

プロが使うお盆を使ってみませんか?

ご家庭で使うなら半永久的に使えるでしょう

重箱の発送が日に日に多くなってきました。

 

明日から本格的に出荷が始まります。

間違いのないよう、無事お客様に届くよう、今年も最後の最後まで頑張ります。

 

出荷の最終は、28日までです。

29日まで営業してます。

商品が届きましたら、速やかに

  商品の破損はないか、

  数に間違いはないか、

確認して下さい。

 

29日までは精一杯対応させていただきます。

101216.jpg

事務所から撮影してます。とうとう雪が降りました☆ 寒いっ!

ポインセチアの赤と白い雪がすごく似合うなぁと思って、シャッターをきりました。

101216_2.jpg

朝一番に来られたお客様の足跡です。少しですが積もりましたね。

ここ河和田地区は鯖江市でも東の山沿いに位置していて一番積雪があるところだと思います。

これからどんどん寒くなりますが、今日も一日頑張りましょう!

今日はこんな作業もしてます。

1215_2.png

これは何かと言うと、重箱の蓋の裏側を塗り替える作業です。表は塗って絵をつけてすでに仕上がっているのですが、蓋の裏をどうしても朱(赤)色にしてほしいというご希望がありました。

普通は、最初から内側を朱に塗って、外を黒に塗って、最後に絵をつけるという工程なのですが、今からかかると年末間に合わないという事態がおきまして、それなら!ということで、ただいまの作業をしています。

もちろん、手間がかかりますが、買ってくださるお客様のご希望には極力応えたいという思いは強いので、段取り良く頑張っています。

小さな会社は、せめて融通が利かないとお客様へのメリットもでてきませんからね。

お客様から提案されることは、実はすごく勉強になり、有り難いことなのです。

ということで、何かご要望のある方はなんなりとお問い合わせください。できる限りの努力はいたします

重箱の仕切りはいろいろ種類がありますが、まだ在庫に若干余裕があるのが発泡仕切。

1124_2.png

一度きりの用途ではありますが、手頃なお値段で便利です。

仕切りだけ購入されるお客様も結構いらっしゃいます。

お探しの方は、ぜひお問い合わせください。

 

代表的な6.5寸重箱の仕切りはこちらを参考になさってください。 


お寿司屋さんで使われる寿司桶

寿冠桶(じゅかんおけ)という名前の寿司桶です。

デザインもオシャレで、お寿司だけでなく、いろんな用途で盛り付けOKの商品です。

寿冠桶

盛り付け写真があったら良かったのでしょうが、残念ながら桶だけです

1人用の手頃なサイズから5人用の大きなサイズまで4種類のサイズがあります。

写真ではあまりきれいに色がでていないのが残念ですが、赤の上に銀色をぼかした素敵な塗りになっています。

盛り付ける部分は黒なので、お寿司を盛り付けても、他にお刺身などを盛り付けても、素材が映えると思います。

材質はABS樹脂製で、軽くて割れにくいので、使い勝手も抜群。

お寿司やさんのプロが使っているような寿司桶をお家でも使ってみませんか?

この寿冠桶のお値段やお買いものはこちらのページからです。

産地のメーカーだからこその価格でお買い上げいただけます。

お問い合わせもなんなりと。

 



越前漆器産地・業務用漆器取扱
株式会社ヒロセ
 〒916-1223福井県鯖江市片山町6-1
 TEL  0778-65-0103  FAX 0778-65-2030
 会社のWEBサイトはこちら
 
業務用食器直販 ともづな河和田
 フリーダイヤル 0120-345-637 平日9:00-17:30
 フリーFAX 0120-345-464
 業務用 直販サイトはこちら

 

年内の重箱の予約注文は、昨日10日に締め切らせていただいたのですが、お客様の立場から考えるとせめてあと1週間後だと都合がいいんだろうなと、お客様と話していてよく思うことです。

こちらの立場から言えば、これ以上注文を受け付けていると、年内の発送にどうしても無理がかかり、最終的にお客様に迷惑がかかることになりかねないので、毎年10日くらいに締め切っています。

 

おせちの予約はおそらく15日とか20日とか、まだまだぎりぎりまで受け付けているのでしょうし、それまでにどれだけ注文がくるのか、それは毎年の実績などからある程度予想はできるかもしれませんが、予想より多かったとか予想より少なかったということは必ずあるわけですよね。

そういうことも考えて、多少の数の変更は受け付けています。

現在の状況は、重箱の完成品がどんどん仕上がっている状態で、それを検品→包装→梱包の作業で進んでいます。

種類もいろいろあるので、間違わないよう、それぞれに気を張って作業を進めています。

 

今が一番頑張りどきです

 

手塗りの漆で塗った塗り物は、

塗りたては漆の匂いが強くて独特なので、

お椀などの食器は塗ってすぐは使えません。

漆にかぶれる人もいますからね。

 

漆は塗りたてから半年、1年、2年・・・と

時が経つにつれ、色に変化があり、表面も硬く強くなっていきます。

黒はともかく、

朱の色は、最初黒っぽいですが、どんどん明るい朱の色になっていきます。

驚くくらいに。

 

漆の色が変わる事を知らない方は、

修理で部分だけ塗り直した時、

色が全然違う事にびっくりするでしょう。

今日は朝から、あられ混じりの天気となった福井です。

私の愛車はまだスノータイヤに替えていないので、どうしようかと心配しましたが、とりあえずあられ程度で済みほっとしてます。週末は替えないといけませんね!

それにしても、雷がすごかったですね!!!光ってからすぐに落ちたのできっとすごく近くに落ちたに違いないと思いながら仕事をしてました。

 

さて、ただいま順調に、というか、かなり忙しく、重箱の出荷のための作業を毎日毎日頑張っております。さすがに12月に入ってから、かけこみといった感じで、ご注文をいただいてます。しかし、これ以上注文を受けても年末に間に合わなければお客様に迷惑がかかるだけですので、申し訳ありませんが明日10日で重箱の予約注文は受付終了となります。

 

とにかくこれから20日間は、ご注文いただいた商品の出荷を第一に、無事乗り切れるよう、全力で頑張ります。

 

あとは、寒波が来ないのを祈るだけです。

 

ご注文いただいたお客様に無事届きますように。

インフルエンザの予防接種、ずいぶん前に予約だけしておいてなかなか行くことができませんでしたが、子供と一緒にようやく受けてきました。

昨年は、新型が流行っていろいろ大変な年でしたが、今年はこれから本番、どうなるんでしょうね。

今年のインフルエンザ予防接種は、A型、B型、新型混合の予防接種だそうです。

昨年、娘がA型の予防接種を受けた後、新型にかかったということもあったので、混合の予防接種は有り難いです。

 

ただ、今年は、ノロウイルスがものすごく流行っているらしいですから、毎日のうがい、手洗いはもちろんのこと、充分に注意しなくてはいけませんね。

20年ほど前までは旅館などによく売れていたお膳。

時々、このお膳を個人の方が、ひとつ、ふたつ、WEBサイトから注文されます。

システム大名膳

ひとつ、ふたつといった程度なので、おそらく自分で使うのでしょう。

一人用のお膳としてお使いなのでしょうか?

写真のお膳は幅約54cmの、脚が折りたたみできるお膳です。

軽くて、持ち運びも楽々なお膳。

何にせよ、使っていただけるのは嬉しいこと。

新雲システム大名膳のショッピングサイトはこちらから

時々お問い合わせいただくことですが、

例えばこんなお椀 ↓

黒内朱大和汁椀

Q:この汁椀は外側が黒で、内側が朱(赤)ですが、この逆にすることはできるのでしょうか?

A:はい、できます。

Q:では、お値段は?

A:同じです。

 

黒や、朱といった色は、たとえ規格外の商品といっても同じ価格でできます。製造、販売をしている当社の強みでもあります。受注生産は最近では当たり前なので、小ロットでも注文を受けてます。ただ、他の色となると価格も変わってきますのでお問い合わせくださいね。

1205_3.png

12月に入り、仕事では重箱の事ばかりで頭がいっぱいですが、せめて我が家に帰ったら気分を変えたいと思いようやく今日、鯖江の小林農園さんでポインセチアを買ってきました。

ポインセチアは赤だけでなく、青っぽいのやピンク色などちょっと変わったものもあり、ちょっと変わった色にも惹かれつつ、やはり、クリスマスカラーの赤を購入。しかも、キラキラがついていてすごく豪華です。

日中陽が当たる時間は出窓において、夜は、キッチンに移動。

出窓に置いて撮った写真はこちらのブログから

大人になっても、季節のイベントってワクワクするのは、私だけ?そんなことないですよね~☆

ポインセチアで、仕事とプライベートのON、OFFができそうです。

また明日から、頑張ろうっと!

お客様から送られてきた蓋付の雑煮椀、それと同じものを探してほしいという問い合わせがありました。

木製の布張りで手塗り漆、しかも、みがき蒔絵の家紋が蓋にも身にも入っているお椀です。黒で内側が赤の一見普通のお椀ですが、すごくいいお椀。

二人の息子さんが結婚されて、それぞれの奥さん用に同じような雑煮椀をプレゼントしたいということでした。羨ましい話です。こんな雑煮椀でお正月を迎えるのは幸せなことだなあと思います。

最近は、お正月だからと雑煮椀を購入される方もほとんど聞かないくらいなのに。

 

私事ですが、我が家は毎年主人の実家の神奈川で年末年始を過ごします。お正月のお雑煮は越前塗りの溜(ため)塗りの雑煮椀を使っています。10年くらい前に揃えたものです。お正月の雑煮椀、みなさんはお使いですか?

越前ガニ

年に一度は食べたい越前ガニ☆

お味噌もたっぷり入って、身は何とも言えない上品な味です。

もう少し、庶民的なお値段だったら、年に一度と言わず、二度三度と食べられるのですが・・・

食べる準備万端にしてから、写真撮ることを思い出したので、ばらばらになってしまっていますが本当に美味しくいただきました。

 

手書き蒔絵の汁椀

これは普段私が愛用している汁椀です。

木製、手塗りうるし、手書き蒔絵のお椀。

蒔絵師さんにお願いして、福井県の県花である水仙を描いてもらいました。

越前海岸の水仙です。

正真正銘のオリジナルなお椀。

とても気に入ってます。

今日は一日良いお天気に恵まれました。

配達する用事があって車に乗って出かけましたが、車の中は暑いくらいの温度で、久しぶりに窓を開けて運転しました。

河和田の道路

この田園風景が広がる道路沿いに間隔をあけて、漆塗りの看板がたっています。

きれいな赤で塗ったところに、「漆器の里 河和田」の文字

越前漆器の漆塗りの看板

道路沿いに植えてあるハナミズキの葉もずいぶん落ちて、看板も目立っています。

なぜ看板に屋根がついているんだろう?と不思議におもっているのですが、もしかして雪とか雨対策???

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count