2011年6月アーカイブ

気温27.5度

今日午後1時半の気温27.5度でした。ちなみに朝8時ころは26度。朝からあまり気温の上昇が見られない会社事務所の温度計です。外は、30度を当たり前のように越えていますね。

27.5度というのは、冷房を入れず、扇風機を1台まわしている環境での温度です。でも、昨年だったら、おそらく冷房つけていたかも・・・?

今年は、冷房温度28度に設定というのが頭にあるので、28度にならないということは冷房も要らない、ということにつながり、少々暑くても外から思えばたいしたことないと思えてくるのが不思議です。

意識の違いで、人間の身体も少々の暑さには耐えられるようになっているのでしょう。

 

そして、先日購入した工業用扇風機、包装や荷造りの現場で大活躍しています。近づくと寒いくらい(^^;)

暑い夏はまだまだこれから・・・節電しながらなんとか乗り切らないといけませんね!

 

 銀ツートン 雄島椀

洗浄機対応(耐熱ABS樹脂製)のフタ付き吸物椀です。容量は8分目で約160cc

銀ツートン 雄島椀

オヤの内側にフタがひっくり返らないように段があります。

銀の上に濃いブルーで帯線が何本かはいっているのが涼しげでオシャレです。創作料理のお店などにもおすすめですよ。

 

A12-2-3 銀ツートン 雄島椀  参考定価2,500円税抜
サイズ 直径120×H100mm(身のみH69mm) 耐熱ABS樹脂製
 
 
受注生産商品です。
価格はメールにてお問い合わせ下さい。

透き銀石目Uライン盆

見るからに涼しそうな塗りですね。夏の暑い時期に赤や黒や溜などは、重い感じがしますものね。だから、漆器は夏に動かないのでしょうか・・・夏は、やはりガラスが一番だと私でも思います。

でも、塗り物だったら、どんな色にも塗ることができますよ。そこで、涼しげな塗りの紹介をいたします。

 

12号アーチ盆 透き銀石目  参考定価2,650円税抜 

 サイズW365×D285×H18mm ABS樹脂製(耐熱温度約60度)

 

写真に写っているお椀は次回ご紹介するとして、今回は、お盆の紹介です。

塗りを拡大してみると、

透き銀石目の拡大

銀色を塗った上にごまつぶのような黒っぽいものが見えますよね。クリアー(透明)の塗料に、濃いグレーを混ぜたものを銀の上にぶつぶつと石目状に落としています。

石目状に落とすことで、傷が目立ちません。そして、このグレーのぶつぶつが高級感を出してくれます。

お盆はもちろん業務用のしっかりしたものです。積み重ねはもちろんOK。

 

アーチ盆のサイズはこの12号の他に、全部で4サイズございます。

 13号 W397×D307×H18mm

 14号 W425×D330×H20mm

 15号 W485×D375×H23mm

価格はメールにてお問い合わせ下さい。

 

受注生産となります。受注後納期10日間ほど。
 
 
 
越前漆器産地 業務用漆器の株式会社ヒロセ

緑のカーテン

2週間も経過したというのに・・・あまり成長が見られませんかね???

実は、1番最初に買った苗5本中3本は結構早くに枯れてしまいました^^; 原因は肥料のやりすぎかも?ということで、あまり愛情をかけすぎるのもだめなんですよね。

それで、1週間前新たに3本の苗を買い足し、その3本に関しては、ここ2、3日毎日5センチくらい伸びているようすです。暑くなってきたのと、根がしっかりしてきたのかなと想像してます。

本当は、もっと早くから土壌改良をして土台をしっかりしてから苗を植えるべきだったのでしょう。何事も基礎がだいじなんですよね!

毎日朝晩の水遣りは欠かさずすることだけ心がけて、少しでも上に、横に広がっていってくれることを祈るばかり。ゴーヤ、頑張って!

 

ちなみに、近くの信用金庫さんの緑のゴーヤカーテンです。

信金さんの緑のカーテン

見事です。コチラはものすごく順調に緑のカーテンになりつつありますね。

比べても仕方のないこと。比べるほど愚かなことはないのですが、この姿を目標に会社の緑のカーテン、果たして実現するのでしょうか?

 

宝寿珍味入れ

宝寿(ほうじゅ)珍味入れ

 左:宝寿珍味入れ 紫渦(むらさきうず) 参考定価4,300円税別

 右:宝寿珍味入れ 4色金線 参考定価4,000円

宝寿珍味入れ

手のひらに乗ってしまう可愛い小さい珍味入れです。材質は木乾(樹脂に木の粉が混じっています。)で、塗りの質が高いので、実物は写真以上に美しい仕上がりとなっています。

宝寿珍味入れ

フタをあけると、内側が赤と黒、全体にハード加工(キズに強い加工)を施していますので、艶も高くキズに強いです。

私は見た瞬間、この珍味入れがすごく気に入ってしまいました。珍味入れですので、食器として使うもよし、インテリアとして使うもよし・・・なんだか可愛い珍味入れ、お手にとってみませんか?

定価はあくまでも参考定価です。産地価格でご提供いたします。メールにてお問い合わせください。

 

越前漆器産地・業務用漆器の株式会社ヒロセ

工業用扇風機

今年はとうとう工業用扇風機を買いました。

弱・中・強 のシンプルな扇風機で、普通の扇風機と違って大きい分、風音も大きいですが、荷造り場で使う分には何の問題もありません。

今日も朝から気温が30度近く、今日から大活躍してくれそうです。

ちなみに、冷房はまだ使ってません。冷房を使わないほうが身体が楽ですが、我慢大会にならないよう、仕事に支障をきたすようになったら無理せず、冷房28度+扇風機を実行していこうと思います。

 ここ福井県鯖江市では、昨日から市会議員の選挙運動が始まりました。

7月3日の市議選投票に向けて、選挙カーが町の中を行き来し、そのおかげで賑やかな鯖江市です。

それにしても、この暑い中選挙運動に関わっているみなさん、本当にご苦労様です。

そういえば、何週間も前から、朝早く通勤時間に合わせて、ところどころの交差点に立って手をふったり、挨拶したりされている候補の方もいらっしゃったのですが、個人的に「毎日朝早くにえらいなぁ!」と思ってました。

候補者の皆さん、それぞれに鯖江を良くしようと頑張っていらっしゃるのだから、私も大事な一票を無駄にしないよう今度の日曜は投票に行ってきます。

 

さて、選挙の期間は、商売が暇になると昔からそう聞いていましたが、もともとこの時期は1年でも暇な時期、そして、漆器は夏にはあまり動かないもの・・・なんとか夏に売れる商品、夏に動く商品はないでしょうかね?

 昨日、仕事が終わってから、予約した美容室へ行ってきました。私の場合、中途半端な長さなので、結ぶこともできず、かといって、あまり短くするのも勇気がいるというか・・・^^;

行きつけの美容室は、週のうち木・金曜日がナイター営業ということで、カットだったら8時までの受付で予約ができます。金曜日の夜8時の予約で、他にも何名かいらっしゃって、夜にしては混んでるなぁという印象でした。

いつも土・日に予約してしか行ったことがないのだけど、今回初めての金曜ナイターで「いつもこんなぎりぎりまで混んでるんですか?」と聞くと、「金曜日の夜は次の日が休みということもあって結構混みますね」という答え。

ここの店長はイケメンの男性店長さんで、私がお願いするのはたいていイケメン店長さん。別にイケメンだからというわけではなく、たまたま一番最初にカットしてもらったのが店長さんだったというだけです。

イケメン店長さん、すごく話好きで、一日中お疲れでしかも遅くまでのナイター営業にもかかわらず、愛想よく話してくれます。これも営業のひとつなんですよね。(えらいなぁ・・・)

昨日は、最近の美容室事情みたいなことを話してくれました。内容に興味があって、結構質問しちゃった私です。これも歳をとった証拠でしょうか???

たくさんある美容室でいかに顧客を獲得するか、ということで、どこの美容室でも会員権とかポイント制度で値引きサービスがあり、期間限定のキャンペーンをしたり、広く知ってもらうためサイトをつくったり広告をだしたり、などいろいろ工夫をこらしている。ナイター営業もそのひとつ。

そして、いかにリピーターになってもらうか、ということで、技術はもちろんだけど、肝心なのはお客様とのコミュニケーションで、私みたいに話したい雰囲気を出している人とは積極的に話すし、話したくないという雰囲気を出している人には、それなりに・・・みたいな感じで空気を読むように心がけているということ。

それから、不景気な情勢の影響からか?今まで1ヶ月に1回カットされていたお客様も2~3ヶ月に1回になり、来店率が以前より悪くなったということ。

ついつい興味があって、聞き入ってしまいましたが、接客業って人とのコミュニケーション能力が重要なんだなと改めて感じました。

真剣に頑張っている人の話は面白いですね。

 先日、あるテレビの番組で、ある方がおっしゃってました。

「自分がいいと思うものを商品にするのではなくて、使うお客様が困っていることを商品にすると商売になる」

もっともですよね。そのためには普段からお客様の立場に立って、耳を傾けて商売をする必要があります。

もっともだと思っていても、つい自分中心になりがちです。

 

「使うお客様が困っていることを商品化」という視点から考えると、

業務用の食器であてはまることは、

積み重ねができるお椀やお弁当箱

食器洗浄機対応

すべり止め加工を施したお盆

キズがつかない塗りや工夫

割れない、剥げない

 

こうやって考えるといろいろありますが、お客様から得られるアイデアだったり、情報だったりがいままでほとんどだったような・・・

これからも真摯にお客様の声を受け止めていくことを心がけたいと思います。

 

今日は夏至、一年で最も昼の時間が長くなる日です。夏至を迎えると今度は昼の時間が短くなっていくと思うとなんだか寂しい気になるのは私だけでしょうか?

googleロゴが今日一日限定で夏至ヴァージョンになっていましたね。時々かわるgoogleロゴ、実はとても楽しみにしています。

 

それにしても、昨日・今日と蒸し蒸しした暑い日が続きます。

3階建ての会社も2F、3Fは、気持ち悪いほどのじめじめした暑さです。

ところが、1Fだけは、冷房が入ってないのに、入っているかのように涼しいのです。実際、先ほど来られたお客様も

「さすがに今日は冷房が入っているんですね。」

とおっしゃったのですが、まさかまさか(笑)

「冷房入ってないですよ^^」

と答えると、

「ここは涼しいですねぇ!」

とビックリされてました。

梅雨時は、多少じめじめしていますが、会社の1Fは本当に涼しいのです。なので、外に出て車を運転して帰ってくると、会社が天国のように感じるのです。

本格的な夏になれば、さすがに暑いのですが、今年はいつも以上に節電を念頭に、どこまで我慢できるかなといったところです。

そういえば、先日植えた緑のゴーヤカーテン、枯れてはいませんがあまり伸びてる気配がありません。

そろそろ頑張って伸びてほしいなぁ・・・

先週18日に行われた河和田ホタルを観る会に行ってまいりました。

8時頃から行われるということで、その時間に合わせて現地である中山公園周辺に向かったのですが、着いた頃はまだうすらぼんやり明るかったため、ホタルはいるの?といった具合でした。

なんだか少しがっかりしていたのですが、次第に辺りが暗くなってくると、ホタルが光りはじめました。最初は川の水辺の近くで光っては消え、光っては消え、次第に上のほうに光があがっていくような光景でした。

ホタルには源氏ボタル、平家ボタルがいるけれど、このあたりに生息しているのは源氏ボタルだということです。

ホタルを観る会というイベントだけあって、詳しく説明してくださる方がいらっしゃいました。すごくためになりました。

オスとメスはどうやって見分けるか? オスは光ったり消えたりするけれど、メスはぼんやりと光り続けている

なぜオスは光ったり消えたりするのか?   それは、自分の光を消して、メスを捜すため

それから、ホタルは成虫になってから約1週間ほど生きているということ、ホタルはお墓が好きだということ(なぜかというと、暗いところを好むホタルにとって、お墓のような明りのない場所は居心地がいいということでした。)など、ホタルを観察しながら説明をしてくださいました。

 

ひとつ残念だったのは、日中雨が降っていたせいか?ホタルの数が思ってより少なかったかな?ということ。

というのも、何年か前にクリスマスツリーのような光景を見ているのです。その光景が頭から離れない私としては少し物足りない感じがしました。

中山公園周辺を観察した後、もう一つのスポット、河和田小学校の南側の方へも出向きましたが同じような光景でした。

ホタルが観察できる時期もあっという間ですので、今年もホタルに会えて良かったです。

今日は、朝からブログ研修つながりのお友達とお出かけしてきました。

行先は福井大学近くのアロマハウスさん、こちらは以前私が書いた記事「ブログ道場オフ会銀行の人気者・・・」のご本人であるマスターとその奥様が経営されているお店です。

 

美味しいアイスロイヤルミルクティーを飲みながらお友達と話し始め、

アロマハウス紅茶

マスターおすすめのBLT(ベーコン、レタス、トマト)サンドを食べながらまだまだ話は続き、

アロマハウスBLTサンド

気が付いたら○○時間?!も話してました。ビックリ?!

居心地最高のアロマハウスさんなのです。

ブログ研修で知り合ったお友達同士、ブログやfacebookなどで交流を深めてお互いを高めていければ嬉しいです。

さあ、しっかり充電しましたので、また明日からの1週間、梅雨のじめじめに負けず頑張りましょう!

 

予報では曇りのはずだったのですが、今朝から雨が降っており、雨はいまからあがるんだろうか?微妙な雲行きです。

今日6月18日は、ここ河和田地区の中山公園周辺で「ホタルを観る会」が予定されています。雨天の場合は明日6月19日の日曜日に延期になるみたいですが。

私もお友達を誘って、昨日から楽しみにしていたのに・・・^^;


鯖江市河和田地区は「ホタル」の町といっても過言ではないくらい、ホタルがたくさん舞っています。今年はまだ一度もホタル観賞していないので、今日こそはと思っていたのです。


皆さんも、機会があれば、河和田に来て、ホタルを観ませんか?美しい光景間違いなしですよ(*^^*)

    1124_2.png

 

夏前ですが、重箱の仕切のお問い合わせがあります。もうそろそろ準備されるのでしょうか・・・

以前書いた「おせち料理を詰める重箱の仕切り方はいろいろありますよ」という記事をご覧になったようです。

ということで、重箱の仕切をまとめた直販サイトページを作ってみました。

 重箱の仕切りいろいろ

会社の玄関に飾られているスケッチ画

スケッチ画

荷造り場に飾られている油彩画

油彩画

どちらも現社長である、私の父が描いたものです。 

季節に応じた絵を本人が気分で飾っています。春には、桜満開の描かれた絵だったり、秋には紅葉の絵だったり、冬には、雪が描かれた絵だったり・・・

もちろん、気分次第で、季節に関係ない絵も、飾られています。

 

私には、絵の価値とか難しいことは全くわかりませんが、父の絵は風景画、特に田舎の山の風景が多いので、時には安らぎを与えてくれることもしばしば。

商売には関係なくても、絵がいいものです。

飾られている絵を見ては、会社にお越しくださったお客様との会話も進み、その場の雰囲気も盛り上げてくれるのです。

絵が趣味というのはつくづく羨ましいなと思う私です。

 

よく、飾ってある絵を売らないのか?と聞かれることもありますが・・・

趣味と商売は違うのでしょうね。

 

事務所の西側の窓に、今年こそはと緑のカーテンを実現するべく、今朝からネット貼り作業に精をだしました。

緑のカーテン

花壇に植えたのは「ゴーヤ」

ゴーヤの苗

ちょっと心配なのは、冷房の室外機があることなんですが・・・ しかも、ゴーヤの苗の周りになんだかこまごまと花が植えてあるので、ゴーヤは元気に伸びてくれるのでしょうか?

そして、設置完了!

緑のカーテン 

ちなみに昨年までは、すだれ。↓写真は昨年のもの

すだれ

 

今年は、緑のカーテンを夢見て、すくすくとゴーヤが育ってくれることを願います。

蔵のある風景

現在の会社から50Mくらい離れたところにある蔵2棟です。

以前、といっても30年以上前はこの蔵で祖父、父、職人さんが木製の漆塗りのお椀を作っていました。 

現在でも、倉庫がわりに使用していますが、本来の蔵としての役割はなくなっています。

この写真には写っていませんが、手前に川が流れていて、写真の右側に橋がかかっているのですが、ずいぶん昔、蔵をバックに撮影したいという事で、ドラマ撮影(NHKだったと思います。)が行われたことがありました。懐かしい思い出です。

 

この河和田地区には、このような蔵のある風景がところどころに見受けられます。

蔵のある風景・・・落ち着きます。

 

事務所の花

毎月10日は支払日、今日の事務所玄関の花です。

朝から、生地やさん、塗りやさん、いろんな方々がお見えになり、一言二言交わす方や、相当な長話をされる方などいろいろ・・・

毎月10日の支払日は、コミュニケーションの日といったところでしょうか。 大切な日です。

洗い場

朝から4人がかりで洗い場で働いています。

お日様が照ってるから紫外線対策必死です。麦わら帽子をかぶってもくもくと仕事をこなしている後ろ姿がなんだかいいなぁと思って思わずパチリ!

座っているのは「風呂椅子」。これも、商品ですが、塗りの失敗したものをこういうところで使ってます。

急ぎの商品のため、私もこの隣で同じような作業を朝から手伝っていたのだけど、残念ながら麦わら帽子ではありません(笑)

午前中3時間くらい、事務仕事をそっちのけで頑張っていたら、今事務所にいても、背中にお日様をかかえているみたいに背中がじりじりと暑いっ!

「洗う」という仕事にはもってこいのお天気なんですけどね。

何を洗っているかは・・・ちらっと見えているかもしれませんが「トレー」、いわゆるお盆です。

 

ということで、今からまた午後の作業再会してきます!暑いけどあと、ふた頑張り!!!

 私事ですが、娘が2日ほど前から、花粉症のような症状がでています。

くしゃみは出るし、鼻水もとまらない、目がかゆい・・・何がとんでいるのでしょう???

花粉症の時期は終わっても1年中アレルギー物質が飛び交っているような気もしますが・・・・・・・・

 

ある方のブログでもしかして?と思ったことが!

「麦刈りの季節は花粉症のような症状が出る人もいる」

そうなんだぁ!

確かに、ただいま麦刈りの季節なのです。

しかも、こちら福井は、六条大麦日本一の産地なのです。

黄金色一色の麦畑はそれはそれは美しいです。

 

ということで、娘は「麦」に反応しているんだと思うことにしました。

アレルギーって本当に厄介なものです

 

漆器の修理といってもさまざまですが、今日は全く違う色に塗り替える商品をご紹介します。

まず、お使いになって20年近くというそば器です。

このお客様、20年近く使われていると言われましたが、その割にはなかなかきれいなので、丁寧につかわれているのでしょう。

写真は研いで洗った後の写真です。

漆器の塗り替え

朱で、天渕が黒に塗ってあるそば器でした。

これを、溜(ため)色に塗り替えたいという御希望で、次の写真のようにきれいに塗り替えました。

漆器の塗り替え

つやのある新品同様の商品に仕上がりましたよ。

こうして、また20年近くお使いになられるのでしょうね。

そう思うと、漆器の寿命はなんと永いのでしょうか。割れたりヒビが入ったりしない限り、塗り替えさえすれば永く使えます。

 

今回の修理の工程は、

 ① 研ぎと洗い

 ② 溜(ため)色の塗装

以上です。今回の修理のお値段の目安は、1個あたり500円前後(あくまでも目安としてお考え下さい。)

大きさ、工程などさまざまな条件で修理単価は変わりますので、お手持ちの漆器製品の修理単価が知りたいというお客様は、お気軽にお問い合わせ下さい。見積もりは無料です。

ペアワイングラス

父の日のプレゼントにペアのワイングラスはいかがですか。

ペアワイングラス 黒/朱セット

ペアで定価4,200円 ⇒ 産地直販価格2,100円 ※20セット限定

化粧箱入りラッピング包装付き ※御希望であればメッセージカードも無料でつけます。

ペアワインカップのラッピング

 

このブログでの企画ですので、御希望の方はお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

送料は、本州・四国・九州が525円、北海道・沖縄1,260円

お支払は、代引き、または郵便振込みにて。

通常代引き手数料315円かかりますが、今回の父の日プレゼント企画に関しては、代引き手数料当社負担とします。

郵便振込みの場合も、振込み手数料当社負担します。ただし、お振込確認後の発送となります。

昨日は、楽しいお食事会に出かけました。

集まった皆様は、このブログを始めるきっかけになった「ブログマーケティング道場」の皆様です。

講師の遠田幹雄先生を囲んで、先生お勧めのお蕎麦屋さん「亀蔵」で楽しいひとときを過ごしました。

同じ研修を受けた方たちとこうして親交を温められることに感謝です。

その中でも、昨日一番目立っていたのが、アロマハウスの大村ご夫妻。

お店のマスターであるご主人は、本当に元気で気の良い方で、奥様いわく、いつでもどこでもこの性格は変わらないとのこと。裏表がなくて、何にでも正直で、愛想がいいので、「銀行の人気物」(奥様談)なんですって(笑)

大村さんの奥様の「銀行の人気者」という言葉に感動していらっしゃった遠田先生でした。

その遠田先生の「ふくいブログ道場オフ会のブログ」でも銀行の人気者が書かれていました。

 

おろし蕎麦

最後に食べた おろし蕎麦、美味しかったですよ♪ 

写真に写っている器は越前焼きだと思われます。違ってたらごめんなさい。商売柄、つい気になってしまいます。。。確か、蕎麦湯を入れる湯とうは漆器を使われていました。

 

さて、翌日の今日、アロマハウスの近くに個人的な用があったので、ちゃっかり遊びに行っちゃいました(笑)

お二人とも温かく迎えてくださって、美味しい紅茶とケーキを食べながら、ゆったりした店内でまたまた楽しいひとときを過ごしてきました。

 

昨日の亀蔵でご一緒した皆様、本当にありがとうございました。

最近では、国際交流を行う学校、団体がどんどん増えてきましたね。

国際交流を図っている機関も多く、この傾向は益々広がっていくことでしょう。

これも、国内から世界へ目が向けられている証拠なのでしょう。日本の若者たちが世界へ目を向けて、積極的に海外へ行くという機会が増えるのはとてもいいことだと思います。

私も若い頃、ほんの少しの間ですがアメリカ、カリフォルニア州の小さな街へ留学した経験があります。海外へ行くことで、自分の知らない世界を知ることができ、それとともに改めて日本の良さを見直すことができました。

 

ということで、今回は国際交流の場で日本のお土産、記念品として使われる漆器の話です。

当社では、学校の先生方から、日本のお土産、記念品ということでご注文をいただく機会があります。

個人へのプレゼントや、姉妹校へのプレゼントなどさまざまなのですが、日本らしさを見て感じていただける漆器は大活躍です。

桜や梅、富士山、などの蒔絵を施した写真立て、パネル、ボールペン、アドレス帳などが人気です。

パネルなどは、ご希望に応じて姉妹校の名前を入れさせていただいてます。


そこで、会社のサイトに新たに学校関係の方向けの記念品やお土産の紹介ページをつくりました。

学校・団体など国際交流関連事業における記念品やお土産紹介ページ

いろいろ提案させていただきますので、学校関係はもちろん、個人の方までお気軽にお問い合わせ下さい。

お神楽

 梅雨入り前のこの時期に毎年お神楽がやってきます。先週からこの河和田地区を回っておられるようで、近くに配達などで出かける際、どこからともなく「ピーヒャラ」の音がしていました。

そして、今日ようやく私の会社でもお祓いをしていただきました。

お天気が良ければ、玄関前の広い場所で舞っていただくのですが、今日はあいにくの雨・・・玄関の中で行われました。

今日はまだましですが、先日の雨風が大変な時は移動するのもご苦労だっただろうなと思います。

それこそ毎日のことなので、本格的な夏になる前からお顔が日に焼けていらっしゃるのも印象的です。

商売繁盛、無病息災、家内安全を願いつつ、一日一日に感謝をして商売をしていこうと思った今日の出来事でした。

年2回行われる名古屋テーブルトップショー、業者間の展示会です。

明日6月1日と6月2日の2日間、弊社も出展いたします。

今日は準備のため、営業が名古屋へと出発しました。天候が気になるところですが、名古屋はどうなのでしょう?福井は朝から雨もよう・・・

「気をつけて行ってらっしゃい!」と送り出しました。

同じ時期に東京でも、「インテリアライフスタイル」という展示会が開催されていることや昨今の景気のせいか、東京方面のお客様は以前ほど来られなくなりました。これは残念なこと。

毎年、東北の方面から遠いところをお越しくださるお客様もいらっしゃいますが、今年は東日本大震災の影響でお会いできるのかどうか心配してます。

器関係の多くの業者が集まる展示会ですので、多くのお客様に名古屋にお越しいただいて活気ある展示会になることを祈ります。

いつもお世話になっている従来のお客様、新規にお声をかけてくださるお客様のために2日間元気に頑張りますのでよろしくお願いいたします!

弊社は、吹上ホールの「グループ吹上の旋風展示会」において「ともづな会」のメンバーとして出展しておりますので、器を扱う法人のお客様で、お近くの方は気軽にお越し下さい。

 

詳細はこちらから →  グループ吹上の旋風(ふきあげのかぜ)展示会

 

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count