2011年7月アーカイブ

お休みの昨日7月30日、鯖江市の嚮陽会館で開催された「さばえIT推進フォーラム」に出席しました。都合で時間より遅れて会場入りしたのですが、200名分の椅子席がほぼ満席の状態でした。

「さばえIT推進フォーラム」とは何か? それを自分の目で見て、聴いて、体験してきました。

 

3部構成になっており、1部は

 ”世界で一番熱い町 鯖江” 紹介 ”元気なさばえ” 活動プレゼンテーション

 ここ河和田で毎年夏学生さんたちが主体となって地域住民と協働で行う「地域づくりプロジェクト」の河和田アートキャンプもそのひとつで、今年で7回目を迎えます。
 他にも、めがねギネス世界記録達成した「鯖江市地域活性化プランコンテスト」、毎月第2日曜日に開催される「誠市」、未来のIT社長を目指す福井高専生の「らてんぽ勉強会」、ネットを通じて問い合わせや受注を増やしている西村金属さん、などなど全部で9つの発表があり、元気なさばえを感じることができました。
 

2部と3部は、

パネルディスカッション ”未来が見える、ものづくりと情報発信のまち鯖江” & ワークショップ

 コーディネーター 株式会社jig.jp CEO 福野泰介氏
 パネリスト 佐賀県CIO(最高情報統括監) 森本登志男氏
        勝屋久事務所代表 勝屋 久氏
        本荘事務所代表・多摩大学客員教授 本荘修二氏
 コメンテーター 牧野百男鯖江市長
 
 まずは、鯖江の加藤吉平商店さんの「清酒 梵」で乾杯から始まるという前代未聞のパネルディスカッション。
めがね枠の生産で有名な鯖江ですが、それに加え、ITのまち鯖江を目指して町を元気にしていこうという試みを行政と市民一体となって取り組んでいこうという観点から活発な意見が交換されました。
 ITと聞くと、以前はひきこもった環境をイメージしがちでしたが、twitterやFacebookといったソーシャルネットワークの普及で人と人が積極的にリアルにつながるようになり、今では全く逆のイメージになってきました。
 ブログをほぼ毎日更新し、twitterやFacebookを通じてさまざまな人と交流をもつ牧野市長はまさにIT市長です。Facebookの「いいね!」ボタンも、愛情をもって押しているとおっしゃっていました。その会話の流れから飛び出した本荘氏の「ラブコミュニティー」という言葉がすごく印象に残った私です。
 会場からの質問も活発に行われたのがまたまた素晴らしく、手を挙げて質問した方には「梵」のおすそわけという粋な計らいで会場も盛り上がりました。
 鯖江市は、WI-FI化が進んでいくそうです。図書館などの公共施設はもちろんですが、鯖江駅から西山公園までのエリアもWI-FI環境が整うそうです。地方でここまで頑張ってるなんてすごいことだと思いませんか?
 それから、これからの課題は、IT弱者といわれるお年寄りに対する試みですね。少子高齢化が進む現代においては一番重要なこととなっていくのではないでしょうか?
 ひとつ残念だったのは、途中の休み時間以降、席を立つ方が多かったこと・・・昨日は他にもやっしきまつりやライブなど行事が盛りだくさんだったからでしょうか・・・? 仕方がないことですが、すこし残念でしたね。
コーディネーターの福野さんから最後のまとめとして「つながるラブコミュニティー」というキャッチフレーズで締めくくられ、熱いフォーラムが幕をとじました。

 

 

そして、一夜明けて今朝の出来事、単純に「鯖江市民で良かった」とFacebookでお友達にコメントしたところ、それを見つけてくれた森本氏から思いもよらない温かいコメントがあり、感謝の気持ちでいっぱいです。Facebookってスゴイ!そう思った私にとってはとてもとても大きな出来事でした。

以上、今日は自分の覚え書きとして記事を書きました。

 午前中、関東のお客様からお問い合わせのお電話をいただき、いろいろと電話で提案させていただきました。

この方は、以前から取引のあるお客様で、名前を聞いてもすぐにわかったので普通にお話していたのですが、電話の途中で、

「久しぶりに電話しましたが、相変わらずハリのある元気な声ですね~。」

と、お褒め(?)のお言葉をいただきました。

明るいだけが取り柄ですので・・・^^:

そんな風におっしゃっていただいたことがとても嬉しかった今日の出来事でした。

電話を切って、お客様の履歴を調べてみると、2002年にご注文をいただいて以来でしたので、9年も経っていました!改めて、年月が経つのが早いなぁ~と感慨にふけった次第です。

そういえば、

「ネットで商品を確認したんですが・・・」

とおっしゃっていただいたんです!それもまた嬉しい一言でした^^

 緑のカーテン

会社の緑のゴーヤカーテン、ずいぶん茂ってきましたよ♪

向かって左半分は一番上まで到達しました!右半分も頑張ってます。

 

今年の緑のカーテン関連記事まとめてみました。

 ⇒ 緑のゴーヤカーテン

 

 

スイカ 

今年はスイカが高いという話題を、今朝のテレビで見ました。夏にはスイカ、食べたいですよね!!!

写真は、去年我が家のウッドデッキでスイカを食べた時のもの。

今年も、すでに何度かいただきましたが、そのとき買ったスイカは確か、1,580円とか安いときで980円だったような・・・

今朝のテレビでは、店頭で1玉3,800円のスイカが並んでいるということでしたが!?  1玉3,800円はちょっとお高いですね^^;

 検品作業

どこの会社でも当たり前のことだとは思いますが、商品の検品作業は商品を出荷するまでの工程で必ず行います。

最終的に塗りあがってから検品することは当たり前ですが、モノによっては生地の段階から検品しています。

いかに、早く、的確に検品するか、ということは常に課題なのですが、包装現場の慣れたスタッフが丁寧に一つ一つ確認していきます。

手間のかかる作業ですが、この検品作業をやらないわけにはいけません。当社で扱う商品は、当社の顔でもあるわけですから。大げさですが、これを失くしては、当社が存在する意味さえないと思うくらい、重要だと考えています。

 

 

今月の7日、七夕の日に届いた念願のiPad。

ブログやfacebookを気軽に出来ることや、出張時に持ち歩いて仕事に役立てる目的で買いました。

iPadアプリですごくハマっていることが♪

パズルゲーム

パズルゲームなんです(*^^*) 娘が勝手にいれたんですが、久しぶりにすごくハマってます。

写真は、風景シリーズですが、このほかにも、世界のお城シリーズや動物シリーズ、お花シリーズなど何十種類もあるんです。ピースも選べるところがまたまたデジタルな世界で、最小で54?ピースから最大で208ピースまでの5種類くらいあります。私は、意地でも最大の208ピースに挑戦しているのですが・・・

これが、平日の夜、なかなか時間がないにもかかわらず、10分でも20分でも時間があればやりたい症候群にかられ、ひそかな楽しみとなっているのです。途中でやめてもちゃんと残っているところも嬉しいところ♪気軽に始めて、気軽にやめられます。

iPadならではのパズルゲーム、当分はたのしめそうです。

桜小鉢5個入セット桜小鉢の銀朱塗り(ぎんしゅぬり)5個セットです。

お客様から、法事のお返しにと選んでいただきました。桜の形が可愛らしく、落ち着いた銀朱ですので、上品で、飽きのこない色です。京都のお客様だったのですが、この銀朱というのは京都で好まれる色だそうです。いろいろ勉強になります。

でも、なぜ銀朱が京都で好まれるのでしょうね・・・?そこまで聞けば良かったと今頃後悔してます^^;

食品衛生法に合格した塗料で塗っておりますので、口をつけても安心です。そして、塗り物の良さである、軽い・割れない小鉢ですので、普段使いでどんどんお使いいただくことをお勧めします。

私だったら、羊羹やプリン、くだものなどデザート皿として使います♪ そうなると、デザート用の和のフォークなんかも企画しようかしら?と急に思いつきました!

ひとつひとつ、白い柔らかい紙に包み、「越前塗のしおり」と「品質表示」をいれて、化粧箱に入れました。

桜小鉢の包装

 包装は、越前和紙を使い包装します。

ギフト用和紙包装

 

桜小鉢 銀朱塗 5個入セット(※化粧箱・包装込み)
サイズ:直径111×H43mm 税抜定価5,000円
 
 
※このブログを見てお問い合わせいただければ、直販税込価格2,625円(税抜2,500円)にて提供させていただきます。
 
 
越前漆器産地 株式会社ヒロセ
 メールはこちら
 電話 0778-65-0103
 FAX 0778-65-2030

毎年、7月から8月はおせち料理用の重箱の企画時期です。

お客様からのご注文をいただくために、本格的に企画が始まります。

重箱はもちろん、重箱の仕切りや、珍味入れ、飾り、祝い箸、バッグ、風呂敷・・・おせち料理にまつわるものをいろいろ考えていく段階です。

 

写真は、我が家の、というより、主人の実家のお正月おせち料理写真です。

おせち料理

我が家は毎年、年末年始を主人の実家で過ごします。写真は、2010年元旦の時のものです。

重箱のおせち料理は、仕出し料理やさんにお願いしたものです。もともとお魚屋さんなので、どれもこれも美味しいんです。

どれも美味しいですが、なかでも私と娘が気に入っているのが「梅のワイン漬け」

梅のワイン漬けはおせち料理の定番ではないかと思いますが、とにかくお気に入り

重箱以外の器に盛られているのは、義母お手製のおせち料理、実はここに写ってないだけで、まだまだあります。仕出し屋さんで頼まなくても足りるんじゃないの?と思うくらいなのですが、総勢10名のお正月なので、義母いわく、「少ないのは寂しいから」と。

おせち料理にはいろんな思いが込められています。来年もまた、家族で無事にお正月を迎えたいものです。

吉野鉢 金とばし茶乾漆

吉野鉢 金とばし茶乾漆(ちゃかんしつ) 6号サイズと7号サイズの2種類あります。

先日紹介した吉野鉢に、色違いが出来ました。

先日の記事 ↓

「梨地とばし黒乾漆」という長ったらしい塗り名ですが、味のある中鉢に仕上がりました。

梨地とばし黒乾漆の吉野鉢

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

比べてみるとお分かりのように、

今回は明るい茶色に金の細かい塗料をおとしています。どちらも乾漆仕上げなので、ざらざらした手触りは同じで、キズ防止加工になっています。

吉野鉢 金とばし茶乾漆

上の写真は、吉野鉢の裏側です。裏側まで手を抜かずきれいに仕上げています。

 

吉野鉢6号 金とばし茶乾漆 参考定価2,500円税抜
サイズ 直径180×H52mm  ABS樹脂製
 
 
吉野鉢7号 金とばし茶乾漆 参考定価2,700円税抜
サイズ 直径209×H60mm  ABS樹脂製
 
 
※ABS樹脂は耐熱温度約60度で、洗浄機対応ではありません。
※電子レンジ・オーブンにはご使用いただけません。
※中性洗剤をご使用いただき、やわらかいスポンジで洗ってください。

うなぎの器にロイヤル鉢

土用の丑の日の今日、みなさんはうなぎを食べますか?

我が家は昨日近所のお魚屋さんでうなぎを予約しました。 

今年は、例年より少し高めのお値段でしたが、うなぎを食べて暑い夏を乗り切ろうと思います!

写真のうなぎの器は、ロイヤル多用鉢です。主に、うなぎ料理でも有名な愛知、三重、静岡の飲食店様にお買上いただいてます。

どっしりした形、積み重ねの良い形状です。

職人さんの手で丁寧に研ぎだしていますので、味わいのある塗り加工になっています。

 

うなぎ屋さんも、今日は一年で一番大忙しの日なんでしょうね!

緑のゴーヤカーテン

36日目、なんとか枯れずに少しずつではありますが、上へ上へと着実に伸びております。

カーテンと呼ぶにはまだまだですね^^;

ところで、今日発見!してしまいました!!

ゴーヤ

これは、ゴーヤ?・・・ですよね?

楽しみがひとつ増えました。あとは、カーテンを夢見て、上へ横へ伸びてくれますように! 

おはようございます。

昨日から日本全体が「なでしこジャパン世界一」の話題でもちきりですね。

私も例にもれず、昨日は朝早くからテレビにかじりついて応援していました。

延長で追いついたときには、かなりの興奮状態で、PK戦にもつれ込んだときは、自分の中で、勝つんじゃないかという変な自信みたいなものがありました。

そして、見事世界一!

おめでとうございます。

 

さて、連休最終日のきのう「いまだて芸術館」へ出かけました。

こちらでは、現在「七夕吹流しコンテストの応募作品」が展示されています。力作ぞろいで見ごたえがありますよ!

 

それから、「筆の里 ありがとうの ちょっと大きな 絵手紙大賞」の入賞作品が展示されていました。

【筆の里】というのは、広島県熊野町というところで、広島県熊野町と【越前和紙の里】である越前市の交流記念のイベントということでした。

少し大きな和紙に、筆で描かれた絵と、筆で書かれた文字。

入賞作品ひとつひとつが、ありがとうの思い出いっぱいつまった素敵な作品ばかりでした。読んでいて、ジーンとなり、心が温まる・・・そんな時間をいただきました。

絵心があるっていいですね。

そして、筆文字って強弱があって、気持ちを表すこともでき、その人の性格を表すこともできるんですね。

気持ちが落ち込んでいるときにもう一度読みたい、行ってみたい、そんなイベントでした。

昨日は名古屋まで仕事で行ってまいりました。

福井も暑いですが、名古屋も暑かった^^;;;

予定通り終わり、帰る時間までまだしばらくありましたので、夕飯には少し早いかなぁと思いながら、一人でふらっと入った京都の和カフェ、いわゆる甘味処ですね。

甘味だけではなく、ゆばうどんや丼ものもメニューにあったので、そこで少し早目の夕飯をとることにしました。

昔は一人でレストランなどに入るなんて抵抗がありましたが、歳をとったせいか?、はたまた、時代の流れか?  一人で食事をすることにほぼ抵抗を感じておりません(笑)

むしろ、ゆっくりと自分ペースで楽しめるので、たまの「ひとりごはん」もありだと思います。

 

お店に入って、カウンター席かテーブル席かと聞かれ、カウンター席を希望しました。カウンター席の前が、一面窓ガラスになっていて、人の顔ははっきりと見えませんが、何人いるかはわかる程度の半透明状になっていました。

半透明状の窓の向かい側のお店は、うなぎやさんで、さすが土用の丑の日が近いとあって、早めの時間にもかかわらず何人かの方が順番待ちで並んでおられました。

 

さて、私が注文したのは、すごーくシンプルな玉子丼。(ゆばうどんも捨てがたかったんですけど、ご飯ものが妙に食べたくて。)

玉子丼

ねぎと玉子のシンプル~な丼でした。このお出汁が上品ですごく美味しかったのです!しかもつゆだくで、「かゆスプーン」がついている理由がよくわかりました。

こんなに美味しい玉子丼は久しぶり!♪  家でもこの味が出せるだろうか???なんて考えるのは主婦の宿命でしょうか???

お箸はエコ箸を使われていました。

お盆は、写真ではわかりませんが、幅30cmまでの木製のミニ盆でしたね。このくらいの小さなお盆で十分だなと思いました。

仕事柄、お料理だけでなく、使われている器も気になってしまいます。

実はこのあと、デザートに抹茶のミニパフェをいただきましたが、抹茶アイスに抹茶ゼリーと抹茶づくしの美味しいパフェでした。一人でデザートまで食べれる自分にビックリです(笑)

こちらのお店は名古屋駅、名鉄百貨店9F 和カフェ<京都イオリカフェ> でした。

 

さてさて、食べ終わる頃ふと窓ガラス越しに外を見ると、うなぎやさんの前はものすごい行列に!!!

ざっと、30人以上は待っていました。

暑いときは、やっぱり「うなぎ」なのですね。しかも、名古屋といえば「ひつまむし」が有名ですから。

さすがに、一人でうなぎやさんに並ぶ勇気はありませんでした・・・

昨日は一日、久しぶりに冷房の効いた涼しい環境でセミナーを受けていましたので、身体があまり冷房に慣れていないためか、夕方には足がだるくなってしまいました^^;

セミナー会場の冷房の温度を確認すると、25度。28度に上げてほしいなと思ってはいても、他にもセミナーを受けている方がたくさんいらっしゃるわけで、思い切って口にだすこともできず・・・ でも、セミナー担当の方が、途中で温度を少し上げてくださいました。寒いと感じるのは私だけじゃなかったようです。

冷房が効いている部屋では、長袖を着なくてはいけないくらいで、講師の先生もしっかりスーツ姿。着ているもので調整して、室内温度をあげるようにしたほうがいいと思ってしまいます。

 

 

さて、あるパン屋さんにパンを買いに行ったときのこと。

ここは、鯖江の有名な人気のパン屋さんです。いつものようにパンを選んでレジに並んでいると、従業員の方から

「福井県産六条大麦100%の美味しい麦茶です。どうぞお飲み下さい。」

と麦茶をいただきました。

キンキンに冷えた麦茶、そしてすごく美味しい麦茶、それだけで幸せを感じてしまった私です。

いつも対応の良い従業員の方々と素材にこだわった美味しいパン。

人気があるのが当たり前といえば当たり前です。

見習いたいところがたくさんあるパン屋さんです。

 暑いですね。

会社の緑のゴーヤカーテン、現在、すくすく伸びてはいます。

が、背が高くなっているだけで、横に伸びて行かず、本当にこれで茂ってくるのだろうか?と心配^^;

お恥ずかしい話・・・

とても、写真をアップする気にならず、あともう少しよくなった状態でアップしたいと思います。

 

これなら、初めから、昨年までみたいにスダレにすればよかったかなぁーなんて後悔もしていますが、いましばらく暑い中見守っていこうと思います。

土用の丑の日 うなぎ

土用の丑の日は、春・夏・秋・冬それぞれにありますが、夏の土用の丑といえば「うなぎ」ですよね。

2011年土用の丑の日 ・・・ 7月21日 と 8月2日

今年もうなぎを食べて夏を乗り切りたい!

うなぎ屋さんのニュースでにぎわうのは最初の7月21日ですが、ほぼ1週間後となりました。

以前は問屋さんを通して、6月頃から丼重がどんどん出荷されましたが、最近では土用の丑の日が近いからといった動きは鈍く、それでも何件かのお客様からは駆け込みで注文をいただいているような状況です。

丼重も常に在庫してあるということもなく、よほどの事がない限り、ご注文いただいてから1週間ほどで生産しますので、余裕を持ってご注文いただければ有難いです。

今年はうなぎが値上がりしているとか・・・

うなぎを扱っている飲食店さんは大変でしょう。

うなぎの器を扱う当社としても、うなぎを食べたい私個人としても、気がかりなことです。

そんな中うなぎのニュースで朗報が

東大などの研究グループ、天然ニホンウナギの卵の大量採集に成功

夏の暑さを乗り切るためにも、うなぎは欠かせません!

一日も早い安定供給に期待がつのるばかりです^^

お客様用麦茶

今日は集金日、生地やさんや塗りやさんが集金に来られます。

外はまさに真夏! 暑い中、ご苦労様です。

みなさん、暑い暑いと言っては入ってこられます。

せめて、冷たい麦茶でも置いて飲んでいただこうと思い、玄関に用意しました。 

 

追記
この試み、なかなか好評でした^^ 8月も引き続き実行させていただきます!

昨日梅雨明けはまだかな?なんて書いたばかり・・・なのに、一夜明けたら梅雨明け宣言とは!

いつもより早い梅雨明けではないでしょうか。

今日は、午前中用事を済ませ、お昼からは家でのんびり・・・と言いたいところですが、いろいろやることはあります^^;

梅雨明けをした本日の我が家の庭のブルーベリーとラズベリーの木です。

ブルーベリー

ブルーベリーは実るまでにもう少しかかりそうです。

ラズベリー

ラズベリーはここ一カ月近く毎日収穫しています。ラズベリージャムも今年は2回も作りました。

これからどんどん暑くなりますね。皆様お身体ご自愛ください。

 湿気もなく、からっとしたお天気です。

朝から、「今日は36度まで上がる」と聞いていたので、どんなに暑くなるかと思って構えていましたが、湿気がない分、動かなければなかなか快適に過ごせます♪

昨日、おとといと2日連続で夜9時までセミナーだったり、研修だったり、という生活なので、今日は頭が少しぼーっとしています。

 

先ほど、何件か近くまで外回りをしてきたのですが、行くところ行くところ私の知っている人に会ったため、少し立ち話をしてました^^; たわいもない話ですが、たわいもない話だから楽しいというか・・・ たまに会って話すと楽しいものですね。

本日のブログはなんだかだらだらした内容になってしまいました。

週の最後の金曜日、あとひと頑張りします!^^

ノウゼンカツラ

オレンジの花は「のうぜんかつら」、ですが、梅の木にのうぜんかつらの花がまとわりついている写真です。

今年は梅の木のうぜんかつらのコラボがあまりにもすごかったので、記念に1枚。

それにしても、この梅の木、実が全くなりません^^;

まるで、のうぜんかつらのための木となってしまいました。

よくよーく見ると、蜂が花の蜜を吸っています。(もちろん写真ではわかりませんが)

昨日のスズメバチの駆除騒動以来、安心していましたが、花の蜜を吸っている蜂はスズメバチではないことを祈ります。 

 おはようございます。

あいにくの雨の一日です。梅雨の時季だから仕方のないことですが、いつも七夕の日は雨が降っているような気がしてなりません。

 

昨日の夜、facebookに関するセミナー&交流会に参加させていただきました。とても楽しみにしていた坂田誠先生のセミナーで、実はご本人に会場に着いた駐車場でばったりお会いできまして、少しお話ができたことに大変感謝しています。お話の内容も期待通りでとても楽しく、あっという間のセミナーでした。

それから、交流会では、日頃facebookを通して深くお友達になった方々や、初めてお会いする方々と軽食をとりながらの楽しいひとときでした♪

 

さて、朝から会社の月一回の大掃除でした。窓を全開にして掃除をしていると、湿気だけがどんどん入ってくるような^^; 倉庫を掃いて、モップをかけるのですが、湿気のせいで、モップの動きの悪いこと!そうは思いながらもたった今掃除終了です。

この大掃除の日は、私もなるべく無心に掃除をするよう心がけています。大きな倉庫を少ない人数で掃除しなくちゃいけないということもありますが、とにかく「ほかの事を考えないで無心に掃除をする」ことで、また今日一日、一ヶ月頑張ろうという気に切り替えるためです。

梅雨の時季であっても、終えた後の爽快感はなんとも言えません。

では、今日も一日頑張りましょう! ^^/

今朝、会社の横にある実家のスダレかけ作業をしていると、1F軒下に何やらハチの巣を発見しました。どう見ても、スズメバチの巣?!

スズメバチの巣 

ということで、ネットで検索しました。

なるべく近い鯖江市の業者さんがいいかなということから、

キーワードは 「スズメバチ 駆除 鯖江」

トップページにでてきたいくつかの検索結果からあるとべんりやさんを選んで電話をかけると、午前中のうちに伺いますよ!という有難いお返事でした。

そして、約束どおり駆けつけてくださいました!

スズメバチの巣の駆除を見るのは初めての私は、興味津々で仕事の合間に写真を撮らせていただきました。そして、会社のブログに載せてもいいかの了承も得ました。

スズメバチの巣 駆除

駆除作業工程、時間にして15分ほど。完全防備の服を着て、巣をめがけてスプレーでなにやら拭きかけ、そして巣をゴミ袋に入れる。

結構あっという間の作業でしたね。駆除した後は ↓ この通り、すっかりきれいになりました。

スズメバチの巣 駆除後

お値段も良心的でしたよ。(と思います。他のところで聞いたお値段よりお安かったので・・・)

スズメバチの巣の駆除のお値段は、巣の場所や大きさによって変わるらしく、現場で実際見てみないと正確な見積もり価格が出せないということでした。

これで一安心です♪

 

☆追記です

 駆除していただいた「あるとべんりやさん」から伺った話ですが、2・3日はスズメバチが巣を捜してうろうろする可能性があるので、注意しなくてはいけないということです。たいていは巣がないとどこかで死んでしまうらしいのですが、まれに同じ場所に巣を作る場合があるそうです。1週間以内に巣を作っていれば無料で処理して下さるとのことです。1週間過ぎて何も変化がなければ大丈夫ということなので、1週間は注意して見張っていかなければ・・・!

塗り物タンブラー

ペット素材の塗り物タンブラーです。業務用漆器産地の職人さんが丁寧に塗っているのでとてもきれいな仕上がりになっています。

長所を考えると、

 1)割れない

 2)軽い

 3)ペット素材なのでご家庭の電子レンジ、食器洗浄機対応

 4)塗りの良さで高級感を演出

ということで、お客様の反応はどうでしょうね^^♪

楽しみです!

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

吉野鉢 梨地(なしじ)とばし黒乾漆(くろかんしつ) 6号と7号

一見陶器と見間違えるほどの出来栄えとなりました。正真正銘の漆器です。陶器のようなでこぼこした感じや、ざらざらした乾漆仕上げが質感を高めています。

ABS樹脂製ですので、軽くて割れません。業務用仕様の塗り物なので自信をもっておすすめできます。

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

横から見ると ↑ こんな感じです。外側にゆるやかな段がついています。 

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

6号と7号のセットで贈り物にしてもよいでしょう。そうめんやうどんなどの麺鉢として、煮物を盛付ける器として、和を演出したサラダ鉢として、刺身鉢として・・・いろいろと使えそうです。

 

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

↑ 吉野鉢6号を使用しています。

 

吉野鉢6号 梨地とばし黒乾漆  参考定価2,500円税抜
サイズ 直径180×H52mm  ABS樹脂製
 
 
吉野鉢7号 梨地とばし黒乾漆  参考定価2,700円税抜
サイズ 直径209×H60mm  ABS樹脂製
 
 
※ABS樹脂は耐熱温度約60度で、洗浄機対応ではありません。
※電子レンジ・オーブンにはご使用いただけません。
※中性洗剤をご使用いただき、やわらかいスポンジで洗ってください。
 
 
 

 仕事とは関係ないことなのですが、

地元のミニバス女子チームが県大会で初優勝しました!!!

実は、このミニバスチーム、かつて娘も所属していてお世話になったところなんです。今でも現役でバスケをしている娘にとっても嬉しいニュースでした。監督にも久々会いたいなぁなんて言っていたので、夏休みに入ったら暑中お見舞いがてら練習のお邪魔をしに行こうと思います。

監督をはじめ、保護者の方たちのご苦労も大変だと思いますが、来年3月の全国大会出場という目標をもって頑張ってほしいものです。

 

朝から元気をもらった出来事でした。

 スリープレート透き銀石目塗

透き銀石目シリーズの前菜プレート「スリープレート」です。

3種盛りに最適ですね。居酒屋さんなどで使われています。

陶器ではありませんよ、ABS樹脂の透き銀石目に塗った漆器です。軽くて割れない漆器、そして陶器調の形状です。

業務用仕様です。ABS樹脂ですので、耐熱温度は60度、洗浄機対応ではございません。

スリープレート透き銀石目塗

 

スリープレート 透き銀石目  参考定価2,000円
サイズW261×D85×H29mm

勝手ながら、

7月・8月・9月の3ヶ月間、土・日・祝日完全休業させていただきます。

 

 

お急ぎの場合は、会社の電話にお電話いただければ携帯に転送されます。

株式会社ヒロセ
代表0778-65-0103

 

透き銀石目スマイル半月盆

外寸横幅約36cmの片面タイプの半月盆です。写真は半月盆にうなぎ重を置いています。

名前は「スマイル半月盆12号 透き銀石目」

こちらもこの夏イチオシの透き銀石目塗り仕上げです。透き銀石目とは、銀の下地にグレーのぶつぶつした塗料を落とした塗り加工です。少々爪を立ててこすっても、全くキズがつかない優れものです。塗り物だから扱いにくいということは決してありません。

透き銀石目の拡大 

ABS樹脂製(洗浄機耐熱温度60度)ですので、軽くて使い勝手は抜群です。業務用仕様の半月盆ですが、ご家庭で割烹やさん気分を味わいませんか?いつもの食事もこういった半月盆(半月膳)を使うことで気分も変わり、手軽に高級感を味わうことができますよ。そして繰り返しますが、業務用仕様なので、ご家庭でしたら半永久的にご使用いただけます。

スマイル半月盆サイズ

サイズは上の写真の通りです。

 

スマイル半月盆12号 透き銀石目  参考定価3,300円税抜
サイズW362×D310×H18mm ABS樹脂製
 

このスマイル半月盆、これより一回り大きい13号タイプもあります。

スマイル半月盆13号 透き銀石目  参考定価3,700円税抜
サイズW394×D343×H18mm ABS樹脂製
 
 
 

 おはようございます。

朝から梅雨らしいお天気の福井です。

早いもので1年も半分が過ぎました。東日本大震災、福島原発事故と大変な半年でした。

そして今日から、東京電力・東北電力では本格的に電力の使用制限が始まります。日本全体で暑い夏をどう乗り切るか・・・一人一人の心がけ、企業単位の努力、など頑張らなければいけませんね。

 

今日も一日頑張りましょう!

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count