2011年9月アーカイブ

今朝は久しぶり、予報通りの雨の福井です。

晴れてるといやでもテンションUPなのですが、雨の日の今日は徐々に自分でもちあげています^^*v

 

さて、今日の写真は昨日撮った一枚です。

桜の花

 これ、桜の花なんです!!!秋に咲く桜っていったい・・・^^;

近くの河和田小学校の桜の木なのですが、どうも今年の夏は葉っぱを毛虫に食べられてしまい枯れてしまったらしいのですが、枯れてしまったことで、冬が終わって春が来たと勘違いしたのではないか?ということでした。真相はわかりませんけれどね。

まだまだこれから秋本番!秋の主役たちが待っていますから、出番はまだですよ~って呼びかけないといけませんね

焼肉イラスト

 毎月29日は語呂合わせなのでしょうか、肉の日と言われていますよね^^

肉の日で思い出すことは、亡くなった祖父のこと。

祖父のお父さん、いわゆる私にとっては曽祖父の命日が29日だったため、毎月29日は精進料理の日と祖父は決めていて、29日はお肉はもちろん、大好きなお餅も口にしなかったのを憶えています。一家の長だった祖父が口にしないものを、他の家族に別メニューをつくるわけもない祖母。なので、私たち家族も自動的に精進料理の日となっていたのですが・・・

だから、私にとっては29日(肉の日)は、肉が食べれない日だったのです 笑

こういった家族の中での決め事なども、次第に薄れてはきていますが、貴重な想い出だなぁと今になって思います。

 

ちょっと話は違いますが、食事の際、座る場所はもちろん決まっていて、お茶碗にご飯をよそう順番も決まっていて(これはきっとどこでもそうなのかなぁと思うのですが)、一番最初に祖父、そして父、そして子供たち、最後に祖母であったり、母であったり・・・

今でも私はそういった子供の頃からの癖が抜けきれず、家族揃って食べるときは、夫が最初、そして息子、娘、私と順番が私のなかにあるんですよね^^ 娘もいつの間にか手伝ってくれるようになり、不思議と何も言わなくても私と同じ順番にご飯をよそっています。こうやって、家族の伝統みたいなもの(大げさですけど)が受け継がれていくのかなぁって思っています。

 

毎月29日はお肉食べてますか? ちなみに最近の私は意識したことがありません^^;ご先祖様ごめんなさい。

 

 

消防

今日は消防の方が会社の点検の日でした。。背の高い、いつも鍛えてるのかな?と思われる男性おふたり・・・

前回会社の点検をしていただいたのは約10年前ほど前のことだそうです。火災報知器や消火栓など、1Fから3Fまで各部屋&倉庫をつつうらうら・・・一緒に案内しがてら回りました。

各部屋に火災報知器の設置はあたりまえなのかな、と思っていましたが、ある階段横に資料を保存する押入れのようなところがありまして、そういった細かい場所も点検対象でした。えっ?と思いましたが、そんなところにも火災報知器が必要だそうだそうです。問題なく設置されていたのでひと安心でしたが・・・

消火栓のところでは、簡単に使い方も伺い、最後に「これは一人でするより二人でしたほうがいいですね」といわれましたが、おもわず「しないのが一番ですね。」と返してしまいました ^-^!

会社の中が一通り終わったら、最後に外まわりの点検、そこに大きな大きなクモとクモの巣!!背の高い消防士さんは、そのクモの巣にうっかりつかまってしまい、おおわらわでした。ついでにクモの巣退治をしていってくださいました。なんだか申し訳ないんだけどおかしかったです 笑

お二人ともにこやかで対応の良い消防士さんでした。いろいろご指導をいただきましてありがとうございました。

 

 

彼岸花

今日も秋晴れのよいお天気となりました。彼岸花は今が満開です。例年より少し遅いかな・・・?

さて、私は普段から机での仕事が多く、電話で人と話すことが多い日常です。

今までに会ったことのないお客様と電話で話す時って、電話での会話でほぼ100%相手の方の印象ってけっこう自分の中で決まってしまって、きっと相手の方からすると、会ったこともない私の印象もほぼ決まっているんだろうなぁと想像します。

というのも、電話口では、ぶっきらぼうで冷たい口調なのに、いざ会ってお話するとすごく可愛らしくて、まるで印象が違ったということがたまにあったりして、先入観で決め付けるのはよくないな、なんて反省することになるんです。

まさにそんな体験を今日したところなんです(笑 

『あのぶっきらぼうな(だと思ってた)人?声はまさに同じだし・・・ 全然印象が違う?!』

そして心の中で「今までぶっきらぼうな人って決めつけていてごめんなさい」と反省^^;

 

電話口では、明るく応対するに越したことはないなぁと思った次第です。 電話口でぶっきらぼうな印象って明らかに損してますよね!

それにしても、実際に会うって本当に大事なこと。電話口だと、仕事の用事だけで電話を切ることがほとんどですが、実際に会うと、仕事の事だけじゃなく、世間話まで発展することも多く、そういう話をすることで、相手をより理解できるというか、親しみを持ちますね。で、次に電話で話をするときは、より親しみを感じたりしてるんです。

耳で聴く+目で見る+話す

単純なんですけどね・・・

ふと思ったことを書いてみました。

お盆の金型

先週のことですが、製品の金型を移動したときの写真です。相当な重さの鉄の塊で、とてもとても人の手には負えませんので、成形やさんに移動してもらいました。

写真に写っている金型でどんなものが成形できるかというと・・・

京祥フタ

お盆ではなく、かぶせる蓋(フタ)です。塗り加工を施した後の写真ですので、成形の段階では、真っ黒です。

お盆専用のフタというのは、ちょっとした当社のアイデア商品だと私は思っているのですが、いかがでしょう?

こういった金型はオリジナルのものなので、管理も大変ですが、言い換えれば貴重な財産。宝のもちぐされにならないといいのですが♪

 昨日9月23日は秋分の日。お彼岸の日。

暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので秋らしいお天気となりました。朝晩は肌寒くなりました。

今日は中日、みなさんはどのようにお過ごしでしょうか?

この連休は、家族旅行で信州に行ってきました。福井から北陸道を南下し、名神に入り、小牧JTCから中央高速へ。そして、岡谷JTCから長野自動車道で松本市へ向かいました。松本へはこれまでにも何度か行っていますが、大好きなところです。NHKの朝ドラ「おひさま」の舞台として今年は大注目の長野県松本市。そして、松本からほど近い安曇野市はそれ以上かもしれません。私も例にもれず、「おひさま」な風景を一度見たくて、安曇野市まで行ってきました。念願の信州安曇野は思ったとおり、いえ、思った以上に素敵な風景がたくさんある町でした。今年は観光客もかなり増えたことでしょう。白い花が一面に広がるそば畑はこの季節ならではの風景なのですが、写真がないのが残念です。

代わりに、おひさまの舞台となった大王わさび農場で撮った一枚。

安曇野市大王わさび農場

水車のからから回る音が心地よく、素敵な風景とともに癒されました。

 

安曇野市を後に、北上して、小布施まで足を伸ばしました。

小布施

小布施は栗で有名なところ。有名なお菓子屋さんが軒を連ね、美味しそうな和菓子、洋菓子がたくさんで何を買おうか迷ったくらいです。独特な街並みで立派な観光地でした。

長野市から小布施に向かう道路沿いには、フルーツ農園が幾つもあり、ブドウやりんごの木を見てわくわくしました。時間的な制約で立ち寄れなかったのですが、次回のお楽しみです♪

ずいぶん涼しくなり、旅行には最高の季節ですね。

昨日から各地で台風15号関連の被害状況が報告されていますが、皆さんの地域はいかがでしょうか?

福井県鯖江市河和田地区、今朝10時半頃の川の様子です。朝8時ころまで水位が上昇していましたが、少し雨足も落ち着き、水位もとどまっているような状況です。まだまだ油断はできませんが・・・

河和田地区片山町の川

この川は2004年の福井豪雨の際、氾濫し、この辺一体に大きな被害を及ぼしました。当時は当社も大変な目に遭いましたが、二度とあのような被害が起こらないことを祈るばかりです。

 昨日9月19日は敬老の日。長寿国日本、お年寄りのお元気な姿を見て、私たちもまだまだ頑張らなくてはいけないなと思いますね。

さて、今日は88歳の米寿のお祝いについての風習をご紹介します。

福井では(福井県全域かどうかはわかりませんが)昔から米寿といえば「米寿餅」が有名なのですが、88歳になる頃、米寿をお祝いして親戚やご近所に米寿餅を配る風習があります。

米寿餅とは、一般的に20cm以上もある大きなお餅で、1つは「米」の字、もう一つに「寿」の字が食紅で書かれたものです。

米寿餅

この米寿餅の写真は、福井市の竹内菓子舗様にお借りしました。1つ7合の米寿餅なので、1升4合のお餅ですね。

福井では、このお餅を重ねて、朱塗の丸盆にのせ、風呂敷に包んで配ります。ただ、最近では、88歳も珍しくないくらい長生きのお年寄りが多くなったせいなのか?(丸盆もどんどんたまることになりますね)、丸盆の変わりに紙箱に並べて入れて配ることのほうが一般的だと思います。

丸盆に入れることが少なくなったといっても、丸盆を使われる方もいらっしゃるわけで、つい先日も米寿用にご注文いただいたのがこちらの丸盆です。

米寿用丸盆

これは、約27cm直径の丸盆ですが、朱塗で天渕の部分を金色にしています。一般的な米寿用丸盆です。

米寿用丸盆名入れ

丸盆の裏側に、金色で名入れをするのが一般的です。「米寿」、「お名前(ぼかしてある部分)」、「年月」が書かれています。こうして納品させていただきました。

 

こうして、米寿餅をいただいたら、88歳の長寿にあやかり、お餅を小さく切っていただき、長寿のお祝いをします。

米寿のお祝い、福井以外ではどのような風習があるのでしょうね。

 

今回、米寿餅の写真をお借りした竹内菓子舗さん
 ■ WEBサイトはコチラ
 ■ facebookページはコチラ (この米寿餅も紹介されています)
ありがとうございました。
 
 
 
 
※このブログ記事を書いてから、米寿丸盆のお問い合わせをいただくようになりました。
 お値段などを書いたブログを書きましたので、参考にしていただければ幸いです。

福井市の「カフェあんのん」さんで朝8時~10時まで、横田秀珠さんのセミナーが行われ、参加してきました。

このカフェあんのんさんは、WIFI環境が整っており、facebookの勉強会(朝カツ)など、積極的に場を提供してくださっています。

新潟在住のITコンサルタントである横田さんのセミナーは2時間半ほどでしたが、内容が充実していてあっという間の2時間でした。

ソーシャルメディアでのSEO対策方法やfacebookページの活用方法など貴重なお話がたくさん聴けました。聴いてよかったで終わらないよう、たくさんヒントをいただいたので、今後活かしていけたらと思います。

セミナー終了後、参加特典の小冊子を手に、参加した皆さんと記念撮影をしました。

写真はとりあえずやめときます 笑

facebookのみでのUPということで!

 

■横田さんの会社サイト、及びfacebookページはこちらです。

イーンスパイア(株)
http://www.enspire.co.jp/
3年でネットビジネスを起点に業界No1となるノウハウを教えます。ネットビジネス研究室のファンページ管理人→
http://www.facebook.com/enspire.co.jp

一期一会のハガキ

三日前に初めてお会いして、名刺を交換させていただいた方から、一期一会のお葉書をいただきました。ぼかしてありますが、手書きのコメントありです。

会ってお話していてもとても素晴らしい方だなと思ってましたが、まさかその何日か後に ハガキが届くなんて・・・!ハガキって嬉しいものですね♪

久しぶりに感動モノでした。ご縁を大事にと心がける方はいくらでもいます。それを、すぐに形にしていくなんて、すごいなぁ~~~

リアルにつながる大切さをしみじみ思い知らされました。

こういう方と知り合えたことに感謝です。

粗品の出荷準備

一日中ではありませんが、午後から時間をとって、ご注文をいただいた粗品の出荷準備を行いました。

包んで、帯をしてという作業で、たまにこういう作業をするのは気分転換になって楽しいものです。繰り返し繰り返しの作業なので、自分の中で、時間の目安を設けて、慣れてくるとだんだん作業もスムーズになり、スムーズになった頃に本日の作業は終わりました。

残りはまた明日。明日は週の終わり、金曜日、頑張りましょう。

包装の現場 

朝からどんどん気温があがってきました。今日も30度超えですね^^;

昨日の夕方遅く仕上がってきたお椀が、今朝出社したら、すでに準備万端の状態で並べられていました。今日もフル回転で頑張りましょう!

 こんにちは。9月も半ば、なのに30度を越す暑い日が続いております。昨日の夜は十五夜お月様を眺めましたか?時折雲に隠れたり、まだ姿を現したりと、風情のあるきれいなお月様でしたね。

十五夜の次は、十三夜だそうです。今年の十三夜は10月9日、またまた満月を期待しています♪

 

さて、9月に入ると、この業務用漆器業界は迎春用おせちの重箱のサンプル依頼が多くなってきます。大手のホテル、百貨店などでは、春先から動いているようですが・・・大抵は8月9月から本格化してきます。

おせち料理といえば、今年のお正月は、ネットでの格安販売で、実際のおせち料理がひどいものだったというニュースがありましたね。来年のお正月はそういったものが出回らないことを祈ります。

-----------------------------

 

今月に入ってから、当社でもサンプルのご依頼が少しずつですが増えてきました。大々的にではありませんが、漆器だけではなく木製白木重や紙製重箱なども扱っています。

特に紙製の重箱は生産に手間がかかるため、ご注文をいただいてから、年末に間に合わせるための納期を充分にみていただくため、10月中旬ころにはご注文を締め切っています。

紙製重箱杉木目

上の写真のように、最近では正方形だけでなく、長方形の重箱も珍しくありません。

こういった箱の中に、仕切りを入れてご利用いただいてます。

紙製重箱仕切

紙製重箱と仕切

このように仕切りをご提案して、数量などを考慮に入れて見積もりしています。

樹脂製、木製、紙製いずれにおいても、材料が高くはなってもなかなか安くはなりません。食材も同じだと思います。おせち料理を販売される業者の方は毎年頭を抱えておられることでしょう。

私たちメーカーは、アイデアを出して重箱や仕切りを組み合わせ、お客様のご予算に近づける努力を怠らないよう心がけていきます。

 

紙製重箱の直販サイトは こちら から

 お月見団子

本日二回目の記事です。

やはり、お月見団子は欠かせません(*^。^*)

ということで、お団子を準備いたしました。時間があれば、作りたいところですが・・・^^;

これで、今夜のお月見の準備は万端です!皆様も良いお月見をお楽しみ下さいませ。

 光月盛器

今日も30度を越す暑い日となりました。

お天気が良いおかげで、今夜の十五夜お月様は楽しみですね。昨日まで、どんどん膨らんでいくお月様を毎晩眺めていました。本当に美しいですね・・・

割烹用漆器にも、お月様にみたてた盛器がいろいろあるんですよ。写真もその一つなのですが、何か足りない・・・おわかりでしょうか?

お月見にはかかせない「ススキ」ともう一つ、「お団子」が足りないんです^^; 

このススキも、朝自転車で散歩してとってきました。自然あふれる田舎なので、すぐに見つかるだろうと思っていたのに(昨年は会社を出てすぐの川沿いに生えていました)、今年はどういうわけか?なかなか見つからず、ようやく見つけたススキなのでした。

 

お月様の盛器は、日本人ならではの感性といっていいのではないでしょうか。漆器には四季折々の器があり、蒔絵があり、漆器が「JAPAN」といわれるだけのことはありますね。

 

もう一つ、

雅盛器 満月

四角い器にきれいな雲がかったお月様が描かれています。このお月様はなかなか技術がいりますよ。塗り師さんの腕が光る一品です。

漆器でお月様を堪能していただいて、今夜のお月様も楽しみましょう♪

風呂敷包みの粗品

写真は、昨年も記念品としてご注文いただいたお客様から、今年もまた別の粗品に使われるということでご注文いただいたものです。 不織布の風呂敷の中に入っているのは、「お椀」です。しかも蓋付の割烹で使われるお椀なのです。

普通に考えてご家庭で使うには、蓋はいらないと思い、こちらからは蓋無しで提案もさせていただいたのですが、そこはお客様のこだわりなのでしょう、蓋付のお椀がいいということで決まりました。もちろん、昨年も好評だったということなのでしょうけど♪

箱に入れるより風呂敷包みの方が、経費も抑えられますし、反って目を引く贈り物になりますね。

 

中身はお見せできませんが、ちょっと洒落たお椀がはいっています。

家庭用の汁椀から比べると、割烹用のお椀は最近では、赤、黒、溜の基本にとどまらず、金、銀、緑、紫・・・など、色とりどりのお椀が出回っています。塗り師さんも、研究し勉強されているので、デザインがよいものがどんどん出来上がるのですが、多種多様になりすぎて在庫をもてないというのが難点です。

割烹用のお椀をご家庭で使っていただけるなんて、なんだか嬉しいなぁと思いながら、出荷の準備をつづけています(*^_^*)

ゴーヤカーテン

朝晩涼しくなったといっても今日のお天気は快晴、気温も30度と暑さが戻ってきました。ゴーヤの葉も暑そうです。 それにしても、立派に伸びてます。先ほど会社に来られた下請けさんは、ゴーヤカーテンを見て、いたく感心されて帰っていかれました。

さて、朝一番は月に一度の大掃除、この大掃除では会社全体を社員全員でてきぱきとお掃除します。お天気も良かったので、窓を全開にして気持ちよく掃除ができました。

 

今、ブログ記事を書いていたら、外からセミの声に混じって、「スイッチョン」という鳴き声が・・・「スイッチョン」て鳴く虫の名前、今ネットで調べたら、どうもキリギリスの仲間の「ウマオイ」という虫らしいです。「スイッチョン」は「スイッチョン」という名前かと思ってました^^;

今日はのんきな話題で終わりますが、また今から仕事に集中して頑張ります。

豪華な盛付のおせち料理 

朝から爽やかな一日を迎えましたが、午後からはまた暑さがもどってきました。セミの鳴き声も次第におとなしくなってきた今日この頃です。

9月に入り、おせち重箱のお問い合わせがちらほらと入るようになりました。このブログにもおせち料理の重箱のことや、仕切方のことなどを過去に書いていますので、ブログを見てお問い合わせをいただくこともあるのかもしれません。

問屋さん、割烹仕出しやさん、個人の方など多方面にわたってお問い合わせをいただくようになりました。

上の写真は、割烹仕出しやさんのおせち料理の盛付写真です。さすが豪華ですね!私みたいな素人はなかなかこのような豪華な盛付はできません。

そこで、便利なのが・・・

飾りと珍味

おせち料理用の飾りと珍味鉢です。盛付に飾りをつけるだけでおめでたい雰囲気が断然UPします。珍味類はいくらや黒豆などを入れて重箱の中に盛付けるとセンス良く盛付できます。

このような飾りや珍味類は、ロット(50、100、200)売りが一般的ですので、なかなか個人の方には縁遠くなってしまいがちですね。

そこで、当社では飾りと珍味をいくつかセットにして500円~1000円で販売できるようにただいま企画中です。

どんなセットになるのか・・・私も楽しみです♪

今日は朝から清々しいお天気の福井です。空もきれいな青空、そして風が気持ちよく、秋の気配をたっぷり感じています。

写真は、越前漆器会館 うるしの里会館 です。雲ひとつないお天気ですね。

うるしの匠展2011

 ただいま「うるしの匠展」開催中です。9月11日(日曜日)まで

うるしの匠展2011

 伝統工芸師さんの力作がずらり並んでいます。

伝統工芸師さんも昔ながらの技法に新しいものを取り入れ、毎年新作に挑戦しておられます。

やはり目を引くのは派手さがあるため、加飾師の作品(蒔絵や沈金)ですが、塗師の作品も見事でした。

うるしの匠展2011

 加飾の実演をされていました。今日は蒔絵師さんの実演でした。

伝統工芸師の職人さんなのですが、とても気軽にお話していただきました。

うるしの匠展2011

 展示コーナーの隣に販売コーナーもあります。

もちろん国産の木製本漆塗りの商品ばかりですので、すこしばかりお値段ははるのですが、産地ならではのすごくお得な商品が並んでます。

芸術の秋、芸術に触れる秋、みなさんもいかがでしょうか。 9月11日までです。

 

越前漆器会館 うるしの里会館
〒916-1221
福井県鯖江市西袋町37-6-1
TEL 0778-65-0030

3日午後4時現在、台風12号は四国から本州中国地方に向かって北上しています。

この台風の影響で、雨風がひどい地域は本当に心配です。こちら福井、雨はまだそれほど降ってきていませんが、風はお昼過ぎから強くなってきました。

この台風のおかげで、今日明日二日間河和田地区で行われる予定の「中道アート」というイベントが今日は中止になりました。明日は行われる予定らしいですが、雨風大丈夫なのでしょうか?

私事ですが、子供の高校の学校祭も、本来なら今日体育祭だったのですが、今日明日学校へ行くという事が中止になり、月曜日に延期になりました。楽しみにされていた保護者の方は平日月曜日になり、さぞ残念な事でしょう。

自然の前ではどうしようもないということを、今年はどれだけ思い知らされることか・・・

台風の勢力が少しでも弱まることを願っています。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今日は、家で仕事をしています。ネット環境さえ整えばどこででもできる仕事なので、本当に便利です。以前は必要な資料なども会社から持ち出していましたが、今は、dropboxを利用することで、持ち出すこともなくなりました。つくづく便利ですね!

 お店の「xx周年記念」として、和風ナイフとフォークのセットをご注文いただきました。

周年記念プレゼント

台紙をおめでたい感じの和紙にしたところ、華やかになりました。

これに、小さいのしをつけて完成です。

お客様からお問い合わせをいただき、お値段に合わせて提案した商品です。喜んでいただけると嬉しいです♪

たまには漆器に触れてみませんか?

9月11日まで越前漆器会館(うるしの里会館)にて、「うるしの匠展」を開催しています。

 

うるしの匠展

 詳しくは越前漆器協同組合WEBサイトより

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count