2011年12月アーカイブ

誠に勝手ながら、今日で、本年の営業を終了させていただきます。

今年一年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

来年は1月6日金曜日からの営業となりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

 

※会社の玄関の干支の置物も うさぎ から 竜 へ変わりました。

うさぎから辰へ

今年の営業も残すところ、あと2日となりました。

ここ1週間ほどは、出荷の準備に追われ、毎日が30時間くらいほしいとどれほど思ったことか・・・

それでもなんとか、出荷のピークは終わりました。

先週から降る雪でどれだけ心配したことか。

でも、思ったほどたいしたこともなく、通常通り運送やさんも集荷してくださって有難かったです。

あとは、破損や間違いなどがないか、年末ぎりぎりまで心配は続きますが、どうか無事お客様の手元に届きますように。

今年も本当にありがとうございました。

 ネットショップでよく見かけるお客様の声

今まで、当社ではお客様の声をいただきながら、それを紹介するということがありませんでした。

これは、もしかして、もったいないことなのかな?

ということで、来年早々、今までいただいた商品やサービスに対する感想をご紹介できるよう準備していくつもりです。

やりたいこたくさんあるけれど、なにもかも中途半端にならないよう、できることから一つ一つ地道にやっていかないといけないですね。

今は、年内出荷商品で追われているので、年明けは少しじっくり地に足をつけようと思います。

 チャーター便

まとまった大きな出荷はチャーター便に乗せてお客様の元へ出発です。

寒い中、本当にご苦労様です。

大きな荷物が倉庫からなくなると、ほっとすると同時に、どうか無事にお客様の元へ届きますようにといつも願ってます。

こういった複雑な気持ちで毎年年末まで気が抜けません。荷物が届いたら、間違いがないかどうかすぐに商品の確認をしていただけるとありがたいです。

さて、天気予報をみますと、こちら福井は23日からかなり大きな寒波がやってくるようです!クリスマス寒波到来の予感。交通の乱れが心配ですが、どうか少しでも予報が外れますように・・・こちらは必死で願います。

 そろそろ準備・・・年賀状の準備をしないといけませんね。

いつも思うんです。年末に近づけば近づくほど忙しいから、12月の始めまでには準備しないとって。

そして、結局はぎりぎりになって、心を込めてゆっくり書きたいのにそれがままならない・・・

今年は、個人的にたくさんの名刺交換をさせていただいたので、年賀状もその分多くなりそうです。人とのつながりの大切さを実感してるだけに、年賀状というツールは大事だなと思う今日このごろです。

 

さて、今日は日曜日でお休み、といいたいところですが、私は家でできる仕事、他にも会社から商品出荷されるなど一日たりともゆっくりしてる場合ではありません。

明日からの1週間もがんばりますよ!!!

 雪化粧

今朝起きて外を見ると、うっすら真っ白な世界が広がっていた福井です。

庭の木々にも白い雪帽子をかぶっているかのような状態でした。

とうとう雪の季節到来です。

今年のクリスマスはホワイトクリスマスになるのかな~

12月中旬から12月28日ころまで、重箱の出荷のピークを迎えます。

 日に日に寒くなる中、寒い倉庫の中で頑張って出荷準備をしています。

重箱出荷1

 

重箱出荷2

検品は必ず! この検品が一番手間と時間を要しますが、ここははずせません!

 

重箱出荷3

段ボールの板で、重箱を巻いていきます。同じ作業が続くので腰が痛くなる~^^;

 

ストーブはあるのですが、常に動いて仕事をしていることや倉庫が広いため、今年はまだあまり稼動していませんが、熱気にあふれているおかげか元気に作業をしています。

 

こんな感じで年末を迎える当社の様子を今日はブログにUPしてみました。

 お菓子

3月11日の大震災の日から早9ヶ月が経ちました。

今日福島県のお客様から宅配便で荷物が届いたのです。何だろう?と開けてみると、お手紙とお菓子が入ってました。お手紙は、震災から9ヶ月が経ち、お店の方も忙しく頑張っていることや地震も原発も安心はできないが来年こそは良い年にしたいといった内容でした。

 

震災から1ヶ月ほど経ったころでしょうか・・・お店は何とか無事だったからまた再開しますと伺って、少しでも足しになればと思い、食器などを送らせていただいたのですが、このお菓子はその御礼ということで、温かいお心遣いをいただきました。

 

すぐに御礼の電話をして、近況を伺い、こちらから送った食器は使っていただいているようでした。たいしたことはできませんが、少しでもお役に立てて良かったです。

 

当時は遠くからただ気遣うことしかできないことにもどかしさを感じながらも、被害に遭われた方たちが一生懸命頑張っている姿や声を聞いて、私たちこそ元気に頑張っていかなくちゃいけないと気持ちを奮い立たせていました。

 

今年ももうすぐ終わろうとしています。来年は良い年であってほしい!心から幸せを願わずにはいられません。

 重箱の年内のお届け分に関しまして、12月10日でご注文受け付けは締め切らせていただきます。

今年は特に、とみなさんがおっしゃいますが、おせちの予約の出足が遅いようです。

震災の影響もあるのかもしれませんが、何より、例年より寒くないということも影響してるとか・・・

確かに12月にしては暖かいですものね。今朝の福井は雪がふんわり降ってましたけれど。

 

今日話していたお客様も、これから予約が入ってくるのよね~っておっしゃってました。

当社としても少しでもお客様のご希望に沿ったサービスをしたいところなのですが、年内に重箱を仕上げてお届けするためにも、10日前後には締め切らないと返ってお客様にご迷惑をおかけすることになるのです。

在庫を豊富に積んでおくわけにもいかず、毎年ご注文いただくお客様の分をある程度考えて、新規にご注文いただくお客様の分を追加して生産していく・・・昨年と同じ重箱を使うとは限りませんし、本当に読めないことも多いです。

ただ、有り難いのはリピートのお客様が多いということです。感謝、感謝!

 

ただいま生産のピークを迎えて、河和田地区の漆器屋さん関係が頑張ってます。良いお正月を迎えたいものです。

 おせち用の重箱の中に入れる升の上渕部分を朱(赤)で塗っている動画をUPします。

 

回転する台に乗せて同じ方向に塗ることにより、スピードアップにもつながり、奇麗に塗ることができます。

塗り終えたら、焼きつけ乾燥機に入れ、出来上がりです。

12月は毎年駆け足で日が過ぎていくような気がするのは気のせいでしょうか?

お釈迦様のように手がたくさん欲しい~~~ なんて思ってるのは私だけではないはずです。

 

金紙ブロック仕切

これは、紙でできた重箱用の仕切です。金紙ブロック仕切といいまして、撥水加工を施した金ボール紙を組み立てて作っています。

生産の関係上、11月末で注文受付は締め切って、ただいま年内に間に合うように頑張って製作中です! 

寒くなって体調管理も難しい時期ですが、なんとか雪だけは年内降らないで!と毎年祈っております。

ただでさえ物流が混む時期に、雪が降るともっとひどい状況になりますからね。ホワイトクリスマスもいいけれど、どうか、どうか雪が降りませんように~!!!

当社オリジナルともづな膳、システム膳、いわゆる一人膳ですが、ネットで個人でお買上の方からお電話をいただきました。

内容は、

お膳届いたけど、開閉の仕方がわからない

ということでした。

説明書を入れるのを忘れてしまったようです。ごめんなさい。

電話で説明したのですが、なかなか思うように伝わらなくて、またまたごめんなさいでした。

お膳の開閉の仕方という動画を以前ブログでUPしました。

  お膳の開閉の仕方のブログ

 

思ったより電話だけでの説明は難しいなと実感しました。説明書を入れ忘れた当社が悪いのですが、もっと上手に説明できないとダメですね。

ちなみに、お客様は開く時はわかったのだけれど、閉じ方が戸惑われたようです。樹脂製でできてるのであまり力を入れると壊れるのではないかと思われたみたいです。正しい開閉の仕方さえすれば、全然問題ないのですが、説明書は必ず入れないとだめだなと反省です。

説明書より解りやすいのが、動画でのご紹介です。ぜひ参考にして下さい。

 とうとう12月に突入です。

カレンダーとにらめっこしながら、商品の仕上がり具合を確認する毎日です。この頃になると、夢でも仕事の内容がでてくるようになるので恐ろしいです。

さて、加工先も今が本番で、どんどん塗り上がった商品が仕上がってくるわけですが、それも追いつかない場合もあるため、ちょっとした塗り加工を自社でしています。

昨日のブログで紹介したような商品の渕を塗る手作業です。

そして、それがある程度仕上がると、↓のような状態に。

乾燥機へ移動

写真の状態のまま、焼き付け、つまり乾燥機にいれます。

乾燥機にいれることで、塗った部分がしっかり密着します。

年中使うことはありませんが、おせち重箱が出荷されるこの時期は乾燥機のおかげで大助かりです。

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count