2012年7月アーカイブ

 オリンピックも3日目、仕事に響くのでリアルタイムで観戦することを我慢している私ですが、今朝起きたらメダルラッシュでかなりテンションがあがりました。

柔道、体操男子、競泳・・・日本、すごい!

 

それにしても、毎日暑いですね。

週明けの昨日は、お客様からいただいた見積もりなどの用事で、朝から成型やさんや塗りやさんなどを回ってきました。電話だけではすまされないことも多いのです。

この暑い時期、なかなか外に出掛けるのも億劫になりがちですが、そんなことは言ってられません。

 

気温が高いおかげで、塗りやさんにとっては塗装の状態に影響があるらしく、冷房で温度調整してもなかなか大変だとおっしゃってました。

暑い時期の管理はどこも大変ですが、そういうところで手を抜かないで仕事をしている姿を見ると製品をお願いしている私としては安心です。

 

今日も一日充実した日になりますように。

仕事休みの土曜日なので、週末のおでかけレポートです。

といっても、ちょっと前になりますが、日展福井巡回展を福井県立美術館に観に行った日のことです。(その時の記事

7月も早や終わろうとしていますが、7月最初の日曜日のことでした。1ヶ月経つのが早い・・・

福井大学近くのアロマハウスさん、以前にも記事にしました(以前の記事)が、県立美術館の近くまで出掛ける際は必ず立ち寄りたいお店です。アロマハウスのマスターと奥様がとても大好きなのです^^

マスターの淹れてくれる紅茶は美味しいということも大きなポイントですけど。アロマハウスの紅茶

そして、いつも違ったカップ&ソーサーで、目も楽しませてくれます。こういうことって大事だなっていつも思います。ゆったりとした店内でくつろぎの空間~

アロマハウスBLTサンド

そして、今回も前回の記事の時と同様マスターおすすめのBLTサンドをいただきました。ここでブロガーとしては失格なのですが、ひとかけ食べてから写真を撮ることに気付いた私^^; 本当はもうひとかけありますのであしからず・・・

 

アロマハウスさんといえば、半分はカフェスペースで、半分はオシャレな雑貨やBLIOレール(スウェーデンのBLIO社の木製レール)など、こだわりの品がならんでおります。

お店のほんの一部ですが、

アロマハウス店内

テディベアやお人形もまだまだたくさん並んでいます。

 

アロマハウス店内

こちらは、季節の商品がならんでいるスペース、お店に入ってすぐのところです。

夏らしい商品がならんでいました。なんだかわかりますか?

蚊取り線香を入れるものなんです。最近では、蚊取り線香がまたまたブームらしいですよね~!

手前の丸い商品ですが、私が行ったこの日だけで、4つも売れてました!オシャレだもの♪ 4つのうちの一つが私なんですけどね(笑) ついつられて衝動買いしちゃいました^^

もう1ヶ月近くも経ってしまったから、なくなっているかもしれませんね~

 

 

アロマハウス

〒910-0017 福井県福井市文京3-10-10
TEL:0776-27-0057 FAX:0776-27-0513
E-Mai::info@aromahouse.co.jp
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週月曜日&第2・第4日曜日

マスターが書いているブリオレールブログ

奥様が書いているテディベアのブログ

 

 

 

 

 

 ゴーヤのグリーンカーテン

ゴーヤのグリーンカーテンが、いつの間にか天井まで伸びていました。

今日来られたお客様に「グリーンカーテン、立派になりましたね~!」と声をかけていただいて改めてのぞいてみました。

黄色い花もたくさん咲かせています。これからどんどんゴーヤを食べる機会が増えるかな~

会社の中からグリーンカーテンをのぞくと、

ゴーヤのグリーンカーテン

10cm以上に育ったゴーヤがちらほら見えています。そろそろお昼のランチにゴーヤチャンプルーを食べられそうです♪

 

それにしても、グリーンカーテンって、なんて見た目に涼しそうなのでしょうね^^

 ユリヤ樹脂はみかん肌

このお椀の材質は? 答えは「ユリヤ樹脂」ですね。

凸凹した表面が写真でわかりますでしょうか? みかん肌のような、きれいとはいえない表面です。

ユリヤ樹脂は最近ではあまり使われていませんが、以前はメラミン樹脂と同様にメジャーな生地でした。

こんな「みかん肌」のユリヤ樹脂は、普通に吹付塗装をしても、このまま汚い肌がでてしまいがちですが、漆の密着はいいので、手塗りの漆で塗るとこんな凸凹も見えなくなり、つるっとした肌になります。

今では、木質樹脂系の耐熱樹脂が出回っているので、ますますユリヤ樹脂の需要も少なくなりました。

 樹脂製隅切重

写真をみて、木製なのか、樹脂製なのか、そんなことはなかなか判断が難しいですよね。

間近で見ても、判らないときがあるくらいです。一般的には持った感じでもどちらかわからないのではないでしょうか?

電話でお問い合わせをいただくとき、漆器は皆さん木製だと思っていらっしゃる方が多くて、修理でも木製を前提にひととおりお話してから実際送っていただいたとき、あれっ?!木じゃない!ということが時々あります。

そう、普通には木製なのか樹脂製なのかよくわかってないし、実際どうでもいいことなのかもしれません。

なのに、一般的に木製といえば高い、樹脂製といえば安っぽい、そんな印象をもたれているようです。

 

写真の隅切重はABS樹脂製の化学塗料で塗装したものです。質の高い塗装をほどこしていますので、一見漆塗りのようにも見えます。

100円ショップにも木製のお椀などが売られている時代です。なにが高くて、なにが安いのか、その価値をしっかり伝えていかなければならないなと感じています。

 

 

越前市今立地区災害ボランティア

昨日から募集している越前市今立地区(旧今立町)の災害ボランティア受付

日曜日の今日、仕事も休みなので、朝9時からの受付に間に合うようボランティアに参加してきました。

朝一からぞくぞくと駆け付けるボランティアの方たちです。みなさん、それぞれに荷物を持って集まってきていました。

私も、タオル・スコップ・デッキブラシ・バケツ・軍手・飲み物・食べ物など考えられるものを持参して行ったのですが、二日目ということもあり、受付センターにはいろんなものが準備されていました。

暑い時期なので、飲み物も用意されていて返って申し訳ないような気になったのは私だけでしょうか。

ボランティアに行くからには、各自が持っていくのが普通だと思っています。世話をしてくださる皆さん、本当にお疲れ様です。

 

大雨の災害から3日目の今日も泥かき作業が中心です。旧今立町は越前和紙の里として有名な産地で、今回被害に遭った大瀧地区の製紙所などで泥かき作業を手伝ってきました。

IMG_0024.jpg

 

写真は、作業が終わって片付けているところです。作業中はカメラで写真を撮るということをしなかったため、具体的な作業風景の写真はありません。

いろんな人が、少しでもという想いで、作業されていたように見えました。私自身も少しでも泥がなくなればという想いで作業をしていました。

ほんのお手伝い程度しかできませんでしたが、たくさんのボランティアの方たちや地域の人たちが力を合わせることによって、ひとつひとつ片付いていく様子がスゴイなと感心しました。被害を受けたところが一日も早い日常を取り戻すことができることを祈ります。

 

越前市ではまだまだボランティアを募集しているようです。

福井県越前市新在家町
"和紙の里会館"
TEL: 080-6352-0892

越前市のボランティアに関するページ

 

 

昨日から降り続く大雨の被害が福井県嶺北地方を中心にでています。ちょうど8年前の福井豪雨を思い出して、これ以上降らないでと祈るばかりです。

鯖江市河和田地区からほど近い越前市今立地区、越前和紙で有名なところですが、昨日の大雨で川が氾濫し床上浸水の被害がでているようです。被害に遭われた地域の皆様に心からお見舞いを申し上げます。

他人事とはとても思えません。今も降り続く雨、小降りになったり、強く振ったり・・・近くの川の水かさもずいぶん増してきています。

 

今立地区ではこの週末ボランティアの受付をしているようです。FBのお友達からいただいた情報です。

福井県越前市新在家町
"和紙の里会館"
TEL: 080-6352-0892

お手伝いいただける方は、自分の飲み物食べ物、汚れても大丈夫な格好、着替え、長靴、軍手など各自ご用意くださいとのことでした。他にバケツやデッキブラシなどもあるといいかもということです。 

 

越前市の災害ボランティアの募集ページは下記をクリックしてご覧ください。

越前市からボランティアの募集のお知らせ

 

これ以上被害が大きくなりませんように。

 珍しく、タイムリーなブログを書いています。

お昼過ぎから雷ゴロゴロなっていましたが、とうとう本降りの雨です。梅雨時、雨が全く降らず、そのうちに梅雨明け宣言、宣言したと思ったら雨です。少し降るのは庭の芝生に水遣りをしなくていいからありがたいな~なんて呑気に思っていたら、どしゃぶりの雨です。鯖江市は警報もでているようです。

それなりの降り方ってないのでしょうかね~

 

さて、今日は朝から何人か来客があったのですが、実は会社の冷房まだつけていません。

扇風機でしのいでいます。冷房は快適かもしれませんが、身体が非常にだるくなるので、扇風機でしのげるものならそのほうが夜が楽なのです。

お客様には失礼かと思いながらも、なんとか冷たい麦茶と扇風機で対応させていただいております。

当社へお越しの際は、なるべく涼しい格好で起こし下さいませ。

 

雨が少し止んできました。と同時に、少し涼しくなりました。5分で変わる天気模様~

 ファンシー松花堂

サンプルで何点か作ったファンシー重箱の新作が仕上がってきました。

ピンクと白を交互に組み合わせることで市松模様になります。仕上がってきたばかりなので、いまからお値段など決めていきますが、この重箱は業務用というより、個人の方がご家庭で使っていただきたくて作ったものです。

なので、いずれ、値段を決めて、ネット通販するつもりです。

優しい色合いで品質がかなり高い塗装ですので、こだわりを持った方に使っていただきたい重箱です。

 

正式に販売するときに、お知らせしますのでよろしくお願いいたします。

北陸もとうとう梅雨明けしたようですね。いつの間にか、雨の予報もすべて晴れやくもりマークに変わってましたものね。

私はニュースでみたわけではなく、FBで知りました。最近そういったニュースもFBで知らされることが時々あるようになりました。

 

さて、今日は、朝9時~夜9時まで12時間、ふくい産業支援センターでセミナーを受けました。

といっても、12時間の研修というわけではなく、9時~17時までが動画研修で、18時~21時がアクセス解析のセミナーだったのです。

 

 

動画研修は今日が2日目で最終日、先週ひととおり作成方法を習い、素材を集めてくるという宿題がでました。その素材を持ち寄って、早速各自動画作り開始。午前中になんとか形にした動画にお昼一番から音楽を追加していきました。

そして、タイムリミットが午後2時。

そこから、作品の発表会。みなさんの作品はとてもよく出来ていましたし、すごく勉強になりました。いずれ、今日私が作成した動画は、メインサイトに貼りつけるなり、FBページで紹介するなりしたいと思います。ちなみにタイトルは「料理のプロが使う漆器 紹介動画」です。

 

 

そして18時からのアクセス解析セミナーは、これまた非常に内容の濃いためになるお話でした。全然眠くなることもなく、かなり集中して聴くことができたので、時間も早く感じました。

 

 

終わってみれば、長い一日だったのですが、非常に充実した一日でした。

これで終わらず、結果につながるよう頑張ります。

 

 

3連休が終わって、今日からまた通常の業務をこなしています。

とはいっても、朝から暑いですね!

連休明けだからかお客様の出入りが多い一日でした。実は、事務所の冷房はまだ使っておりません。扇風機のみでなんとかしのいでいます。私たちはそれで充分なのですが、お客様が来られると、涼しいとまではいかないので申し訳ないような気分になります。その分美味しい冷たい麦茶を準備しなければ!

 

*^-^* *^-^* *^-^* *^-^* *^-^* *^-^* *^-^* *^-^*

 

今日は感動したお話を書こうと思います。

 

以前からの県外のお客様で、お蕎麦やさんなのですが、先日めでたく2店舗目をオープンされました。

丁寧な案内もいただいて、私にとっても嬉しい出来事でした。お客様の商売繁盛の話は本当に嬉しいものです。

そんなわけで、ささやかですが、オープンのお祝いにお花を贈ろうと思い立ち、福井市のはな里さんへお願いしたのです。おおよその金額と配達先と配達希望日、それからメッセージをお願いしました。

近いところであれば、お店の雰囲気とかもわかって、お花にしようか、観葉植物にしようか、いろいろ悩むことができるのですが、なかなか簡単には行けない場所なので、全面的にお任せするしかないなと思ったのです。

 

お花屋さんというのは、全国にお仲間みたいなネットワークがあるらしく、はな里さんに場所をお伝えしたところ、オープンするお店の近くに、親しくしているお花屋さんがあるとのことでした。

それだけで安心したのですが、こちらのお花屋さん、わざわざオープンするお店に出向いてくださって、お店の雰囲気を確かめてくださり、これからどんどん咲くハイビスカスを画像で見せてくださいました。オープン前のお店の玄関付近の写真も撮ってくださったんです。

なんて有難いことなんでしょう!本当に嬉しいサービスで感動してしまいました。お花屋さんのプロ意識を肌で感じた出来事でした。

私もこうでありたいです。見習わなくてはいけません。

本当にありがとうございました。

お休みのおでかけレポートです。

 

福井から神奈川へ向かう高速道路。

噂の新東名、行ってきましたよ♪

 

といっても、静岡に入ってすぐ浜松から新東名に進むことができるのですが、どんくさい私が運転していたもので、うっかりいつもの東名高速の方向へ進んでしまいました(^^;

そこはそこ、まぁいいか!って思って運転していたところ、清水あたりで、また新東名への分岐点があるではないですか?!

これは、ちょっと遠回りだとしても行くしかない!なんて思って、新東名へようやく向かうことができました。

そして立ち寄ったのが、NEOPASA清水

ここ最近の高速のサービスエリアはすごいですね。

テーブルや椅子のデザインのすてきなこと!

NEOPASA清水のテーブルと椅子

写真はカウンター席ですが、目隠しがあって、前に座った人と直接顔を合わすことがないようになっていました。オシャレな白黒市松模様のテーブル席だったり、テーブルの高さもいろいろあったような・・・いわゆる、いろんな想定をしてテーブルや椅子が置かれているのだろうなと思いました。テーブルを選ぶ楽しさもありますね。

今までだったら、ただ雑然と同じようなテーブルと椅子が並んでいるだけなのに、ここは確実に違いました。

しかも、席数が半端ない数でした。

 

そして、何より感動したのは、トイレです。残念ながら女性用しか入れないわけですが、きっと男性用も素敵なのでしょうね。

NEOPASA清水のトイレ

トイレのひとつひとつ、洗面台、どれをとっても美しいデザインで、普通公共のトイレといえば行きたくない場所NO.1なのに、ここは必ず寄りたい場所といっても過言ではありません。

 

そして、ちょうどお昼近かった事もあり、こちらで昼食をとりました。

しらすぶっかけかま揚げうどん

讃岐うどんのお店のぶっかけうどん!

駿河湾のしらすと讃岐うどんが融合した「駿河湾名物かま揚げしらすうどん」

結構ボリュームもありましたが、冷たいおうどんがつるつるのどを通り、しらすも美味しいし、美味しい物をいただけるのは幸せですね。

うどんの他にも、ピザや丼物やラーメンなど、なんでも揃っているのが嬉しいですね。

3連休の初日です。

今日のブログは完全にお休みモードで書きます。

 

朝早くに福井を出発して、

北陸道~名神~東名~新東名~東名~横浜横須賀道路

距離にして約550km、時間にして7時間くらい(途中何度か休憩しました)

向かうは、義両親のところです。

 

神奈川県三浦市というところ。

三浦のスイカやメロン

こちらは車窓から撮った写真。

三浦市三崎はマグロで有名ですが、三浦大根や三浦メロン・スイカも有名です。

この時期は、道路沿いに農家の直売所が何件もお目見えしています。すだれがなんとも夏らしいです。

こんなお店を見かけると、どうしても寄りたくなり、買わずにはいられない衝動にかられます。・・・私だけではないはず(笑)

そして、私の一番の目的は「スイカ」

スイカ大好き!!!

三浦のスイカ

奥で試食もできて、あまりの甘さに感動☆☆☆

次々と立ち寄る観光客でお店の方たちも忙しそうでした。

スイカを見てるだけで幸せな気分になれます。買えて良かった♪

 

海水浴やマグロ目的で三浦へ行かれる方は、農家の直売所にも立ち寄ってみてくださいね^^

カボチャやメロンなどこの時期ならではの美味しそうな食べ物がたくさん並んでいますよ。

 

漆で塗った塗り物製品は、

「しばらく寝かせておく」

という言い回しをします。

 

「しばらく寝かせておく」というのは、しばらく放置しておくということを表わします。

箱に入ったままでも結構ですので、しばらく使わないでおくことをお勧めします。

塗りたての漆は、乾いているように見えても、完全に乾ききっていません。

完全に乾いていないお椀に、熱い汁物などを入れると、漆の変色の原因にもなります。

 

それでは完全に乾くには、どれくらいかかるのでしょうか?

余裕を見て、半年は「寝かせておく」といいでしょう。

漆は塗った時の温度・湿度によって、乾き具合なども違ってきます。なかなか上手く乾かない時期もあれば、そうかといって早く乾けばいいということもありません。早く乾きすぎるのもよくないのです。梅雨前の5月くらいの温度・湿度が漆にとっては一番良いそうです。

漆の乾き具合とともに、臭いもだんだん薄れてきますので、漆の臭いが気になる方は、充分に乾いて、臭いが薄くなってからお使いいただくのが理想です。

乾いていくのと同時に、朱色や溜色などは、どんどん明るく変化していくのも漆の特徴です。

 

漆は生きているということですね。

かんかん照りの一日です。梅雨が明けてないっていうのは本当なの?って思うくらい。

 

 

今日の商品紹介です。

システム大名膳 新雲

折り畳みのできる大名膳です。ウラを向けると「ともづな」マークが入っています。

システム大名膳の折り畳み

20年ほど前は、旅館や仕出し料理やさんによく売れたお膳です。会社の倉庫にも山のように積んでありましたし、毎日脚を組み立てないと間に合わないくらい人気のあったお膳です。

今では、大名膳自体が出回らなくなりましたが、それでも需要はゼロではありません。ネットに掲載するようになってからですが、自分で使うという個人の方もいらっしゃいます。一つからでも発送しますよ。

軽くて、折り畳みも簡単!

新雲(しんくも)システム大名膳  参考上代5,200円税抜

 
ともづなWEBカタログに他のお膳も掲載しています。

   ⇒  お膳ページ
 

午前中は初めての方からのお問い合わせが何件か続き、めずらしいなと思っていました。

最近はネットを見てという方が多くなってきたのが何より嬉しいです♪

 

さて、午前の仕事を終え、昼食を摂るため手を洗い、タオルで拭こうとしたとき、左手に「チクッ」と一瞬痛みを感じました。何だろう???って思ったら、タオルに蜂がとまっているではありませんか?!

見たところ、スズメバチではなく、普通の蜂でした。(普通の意味がおかしいかもしれませんが。)足が長くなかったので、アシナガバチでもなさそう。でも、結構大きな蜂でした。

チクッと刺さったところが、ピクピク痛くて、12時を回っていましたが近くの高野医院さんに無理言って処置してもらいました。

刺された部分が痛くて、ずっとつまんでいたのですが、その行為はダメだそうです。

刺されたら、

まず刺された近くを指で軽くはじくようにポンポンポンとたたいてみる。

もしかすると、刺した針が見えるかもしれないので、その場合は針を抜き取る。

以上のようなことを心がけるべきだったみたいです。

覚えておいて次回に活かそう! というより次回が二度とないことを祈ろう!ですけど。

 

 

先日ある業者間組合で行われたFBセミナーにお声をかけていただいて、少しお話させていただく機会をいただきました。

先日のブログセミナーでの発表に続き、人の前で話すという緊張を短期間のうちに二度も味わってきたわけです。

人前で何かしら話すことなんて、はるか昔学生時代以来ではないかと思います。決して得意ではなかったし、とにかく異常に緊張するため、なるべくなら避けたかったという今までの人生でした(笑)そんな私がよくもまあ人前でという風に他人事のように思うわけです。

おそらく、ブログを書く以前はそんな機会も与えられなかったでしょうし、万が一与えられたとしても受けていなかったと思うのです。

この2年近く、このブログとともに、いろんな意味で自分の中の意識改革が進行中だとは自分でも感じています。

3歩進んで2歩下がる(どこかで聞いたようなセリフですけど)ような歩みですけどね。

昔は人前で話す機会が与えられたら、何かの罰ゲームかと思ったかもしれませんが、今は神様から与えられたチャンスなんじゃないかと思えるのです。たまにもらえるご褒美のようなもの^^♪

そして、いろんな方とご縁で結ばれていくんです。最近ではFBのおかげで、その後もどんどんつながりが深くなっていくこともありますし、ソーシャルメディアは活用次第ですごく楽しいツールなんですよね。

まだまだこれから、どんなご褒美が待っているかわかりませんが、次の階段を登れるようにコツコツ書いていこうと思います。

文章も、もう少し上達できるようマメに地道に書いていきますので、読んでいただいている皆さんに感謝しながら書いていきますよ。

 うちわ盛器

うちわ盛器、織部の透かし具合が美しい塗りの盛器です。

みるからに涼しそうです。

二色の水まんじゅうを添えてみました。

 

うちわといえば、粗品でいただくこともあるかと思いますが、ある地元の銀行さんから今年はプラスチック製のものではなく、竹製のうちわをいただきました。朝顔などの涼しげな絵柄がはいって風流だなと思っていたら、また別のところからも竹製のうちわをいただいて・・・

今年は竹製が出回っているのでしょうか???例年プラスチックのうちわをいただくことばかりだったので、立て続けに竹製のうちわをいただいてちょっと驚いています。

でも、うちわは今年も間違いなく活躍しそうです~

会社のWEBサイトを持っていると、ネットをご覧になって電話やメールをいただくことが増えてきます。

日本語なら、それなりに会話できるのですが、いきなり英語でかかってきた電話にびっくり!?みたいなこともあるわけです。

英語のメールでの問い合わせなら、なんとか意味を訳して返信もできますが、電話では頭が真っ白になってしまう情けない状態^^;

でも、日本にかかわらず、世界中とつながっているんだなとつくづく思うのです。

漆器は英語で「JAPAN」と言われ、まるで日本の代表選手のようなものだなと勝手に思っているわけですが、なんとかもっと上手くつながっていけないかな・・・そんなことを考えながら、英語のサイトも作っています。

英語サイト⇒  HIROSE.CO., LTD

当社製品の問い合わせをいただく中で、お弁当箱、いわゆるJapanese Bento Boxの問い合わせをいただくことがあるので、PDFファイルを作ってみました。

それから、越前漆器産地である河和田の写真をUPして紹介しています。

地道に少しづつ更新していこうとこのブログを書きながら思っているわけですが、それと同時にこの年になって英語の勉強も必須だなと感じている今日このごろです。

日展福井展

7月に入った雨の日曜日、日展福井展に出掛けてきました。

福井開催は2年に1回でしょうか、日展の巡回展がある年は都合をつけて行くようにしています。

絵の事は全く詳しくありませんが、鑑賞するのは好きです。美術鑑賞は誰かといくというより、一人で行くのがどちらかというと好きです。自分のペースで自由に楽しめるから。わがままなだけといえばそれまでですが・・・

日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書とありますが、私が好きなのは洋画部門です。すべて観て回るのですが、洋画は全部回った後に、もう一度観てまわります。思う存分楽しむようにしています。

今年も心に残る作品がいくつかありました。時々思うのですが、そのときそのときの自分の状態で、心に残る絵って違うのだろうなということ。私は人物画より風景画に惹かれることが多くて、昨日も風景画を観て感動したのですが、珍しく人物画ですごく惹かれる作品がありました。まるでそのまま絵のなかから外に出てくるんじゃないかと思うくらいの迫力のある絵、と私が勝手に思ったのですが。

帰り際、惹かれた作品の絵葉書を4枚購入(内1枚はすごく惹かれた人物画です)しました。

 

第43回日展 福井展は7月16日まで福井県立美術館で開催されています。

 ■ 福井県立美術館のホームページはこちら

 ■ 公益社団法人 日展 のホームページはこちら

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count