2012年8月アーカイブ

 

このたび、こちらのブログを引越しすることになりました。

ブログを書いているうちに、もっと整理して書きたいと思うようになり、このブログの記事を整理してからのほうがいいのかどうなのか・・・いろいろ迷って、考えて、そして、新たにスタートすることにしました。

♪3歩進んで2歩下がる

そんな気持ちです。

引越し先は

暮らしを彩る、塗り物いろいろ漆器屋のブログ

 

尚、コチラのブログは私にとっても大きな財産なので、このまま残しておく予定です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

昨日の夜の、オリンピック日本女子バレーの銅メダル獲得した試合は、本当に興奮しました。凄い集中力、凄い結束力で3セット連取で韓国に勝ちましたね!試合が終わった時は、感動でつい、「ありがとうーーー!」って叫んでました。

そして、今朝早い時間に、今度はボクシングの村田諒太選手の金メダル獲得!すばらしい!!!正直、ボクシングの事よくわからないのですが、初めて真剣に見入ってしまいました。おめでとうございます。

今回のオリンピックは、毎日メダル獲得のニュースで沸いていましたね。そんなオリンピックもとうとう最終日です。これで、私も通常の生活に戻れるかな~?いや、お盆休みのおかげで、通常の生活とはいきませんね^^;

 

サンドームで行われていた、高校総体の体操・新体操の競技も今日の閉会式ですべての日程を終えるということで、その閉会式の後片付けボランティアということで、娘が今朝早く出掛けて行きました。お昼からは部活があるということで、お弁当持参の一日です。

私は、今日一日、家中の念入りな掃除をしようと決めて、朝からほうきと雑巾を持って結構真剣に頑張りました。

思えば昨日も朝6時から会社の掃除でした。

会社のみんなで、なるべく涼しいうちに掃除しようということになり、みんなやる気満々の大掃除。みんな朝早くから笑顔満開でがんばりましたよ~^^

 

 

掃除って、気持ちいい!綺麗になるのは本当に気持ちいい!

 

毎日これだけ掃除すれば、家中ピッカピカになるのでしょうね・・・(笑)

 

身体を動かして掃除できることに感謝して、もう少し頑張ります!

8月11日土曜日~8月16日の6日間、休業させていただきます。

8月17日金曜日は通常営業いたします。

休業中のメールやFAXでのお問い合わせに関しまして、17日以降の返信となりますので、ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

 

株式会社ヒロセ

 

 塗りの不良

赤印で示した部分の「ぶつぶつ」がわかりますか?

これは生地がぶつぶつしているわけではありません。夏の暑い時期に起こりやすい塗装のトラブルなのですが、気温が高いときに、吹付塗装をして早く乾きすぎると、写真のような状態になるのです。塗装の乾きが一定ではないために起こる塗り不良の状態です。

暑い夏は漆の手塗りも吹付塗装の塗りも、難しい・・・

ある塗りの職人さんがおっしゃってました。朝一番から夜遅くまで冷房をつけるのは、自分のためじゃなくて、製品のためだって。良い製品に仕上げようと思うと、光熱費も馬鹿になりません。

 ゴーヤのグリーンカーテン

暦の上で昨日立秋を迎えましたが、今朝はずいぶん涼しく、事務所も冷房いらずで快適に仕事ができます。

今年も昨年に引き続きゴーヤーカーテンが見事に成長してくれて、この効果もあると思います。

自然の風と、扇風機と、グリーンカーテンのおかげで、まだまだ暑い夏を気持ちよく乗り切っていけるといいな~なんて思いながらブログを書いています。

 

ゴーヤーは、毎日のように収穫し、毎日のように食べているのですが、なんといってもゴーヤーチャンプルーが一番美味しい!毎日食べても飽きないくらい大好きです。

5月の連休明けに100円の苗を2つと150円の苗を1つ買って、3つの苗で写真のようにたくさん増えて・・・

なんて経済的なのでしょうね~。

 

ゴーヤーのように元気に夏を乗り切りたいものです。

 先月の動画研修で作成した「料理のプロが使う漆器紹介動画」です。

YouTubeにUPしました。

世界に誇る日本食の豊かさを塗りの器を通して発信したいと思います。

どうぞご覧下さい。

 

 

 

サンプルだから良かったのですが、お盆にある塗装をしてもらったら、ちょっと爪をあてただけで、塗装部分が剥げてしまいました。

こんなことは久しぶりです。

そうはいっても密着が悪いと最初から予想はしていたことなので、証明ができたと開き直っています。本当、サンプルでよかった。

 

 

もうひとつ、ABS樹脂製の製品をいつもより高い温度で焼付け乾燥機に入れたら、見事に変形してしまいました。

他にもいくつか問題がありましたが・・・

 

重なるときにはいろんなことが重なるな・・・なんて思いながらの一日でした。

 

 

失敗は成功のもと

そんなことを思う金曜日

 

来週はきっと良い方向に向かうことでしょう^^

 

オリンピック、日本体操 内村選手の個人総合で見事金メダル!

このニュースで朝から気分が良い一日の始まりでした。本当にすごいことですよね!私も頑張ろう!

 

今日は、漆器修理のサイトをご覧になった方が京都からお越しいただきました。個人で使われている重箱を修理できるかどうかということで、現物を持ってわざわざ当社まで足を運んでいただけることに深く感謝しています。

実店舗もない当社に、ネットを見てというお客様が県内外からお越しいただけるなんて正直思ってもいませんでしたが、こんな田舎まで訪ねてくださるお客様が一人や二人ではないことに驚きながらも、すごく喜んでいます。

 

修理のサイトを始めて4ヶ月ですが、少しずつお問い合わせもいただくようになり本当に有難いことです。修理のブログも結構こまめに更新していますが、お問い合わせいただくことで、続けていこうという元気をもらえます。

これからも引き続きお客様のお役に立てるような情報発信ができるよう努力してまいります!

 

いろんなことに感謝する毎日・・・ありがとうございます。

 

 

ご縁があって昨日会社へお越しいただいたお客様を、沈金師さんのお宅へお連れしました。

沈金とは、漆器製品の最後の加飾の部分で、ノミで彫って、彫った部分に漆をつけて金粉や色粉を蒔く工程です。以前私が体験したのも沈金でした。その記事はこちらです。

 

よく言われることですが、

「最初から最後まで一人の職人さんが完成させるのかと思ってました。」

 

越前漆器は、最初から最後まで全部一人の職人さんが手をかけるということは、ほぼ無いと思います。そんな器用な職人さんも捜せばいらっしゃるのかどうか・・・そこはちょっとわかりません。

 

木製品の手塗り漆だったら、

 生地を挽く人がいて、下地を塗る人がいて、中塗り・上塗りする人がいて、加飾師さん(沈金師・蒔絵師)がいます。柄をつけない無地のままなら加飾師さんのお仕事はないということになりますが。

 

樹脂製品の吹付塗装だったら、

 成型やさんがいて、必要であれば研ぎやさんがいて、塗装する職人さんがいて、スクリーン印刷をする人がいて(時には蒔絵を入れる場合もあります。)

 

どのような製品を作るかによって、工程に携わる職人さんを組み合わせていくのが私たちの仕事でもあります。一人では完成しないのが越前漆器。いろんな職人さんのバトンリレーによって伝統工芸品であったり、食器だったりが完成するのです。

 

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count