知っておきたい!漆器メモ 「漆器の材質はどうやって見分ける?」

漆器というと、木からできていると思っている方がいらっしゃるようです。

木製だけでなく、樹脂製のものもたくさんあるんですよ。

では、実際今使われているお椀は木製か樹脂製かわかりますか?

木の目がでていれば、一目瞭然ですけど、

黒や朱に塗ってあると、ぱっと見はわかりません。

どこで判断するかですが

私は、持った時の重さや感触や、こつんこつんと叩いてみて判断します。

 (究極は、傷をつけてみるという手もあります。)

当たり前と言えば当たり前なのですが。

重さと叩いた時の音で木製か、樹脂製か、

樹脂製でもどんな材質か・・・など

漆器に携わっている経験が長い人にはわかると思います。

 

味噌汁椀などは熱いお汁を入れて、

外に熱さが伝わらなければ木製の可能性大です。

木は熱伝導率が悪いですからね。

だから、熱い汁も冷めにくいのです。

樹脂は木から比べると熱伝導率が良いので熱さも伝わりやすいです。

そして、お汁は冷めやすい。

 ただ、樹脂製のものは木製よりも扱いが楽です。

お椀だと食器洗浄機対応のものや、

最近では電子レンジ対応のものなんかもでてますからね。

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2010年11月19日 12:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おせちは自分で作るという方へ③」です。

次のブログ記事は「当社は多種多様の漆器を扱っています。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count