知っておきたい!漆器メモ 「漆器は扱いにくいというイメージがありませんか?」

塗り物は普段使いに扱いにくくてちょっと・・・という方は多いはずです。

それに、陶器から比べると、食器での割合は、9:1くらいでしょうか。

 

私の身近なところにもこんな例が・・・

以前主人の親戚の方に、木製の蒔絵が入った夫婦椀を差し上げたのですが、

もったいなくて使えないということで、

あまり普段使いされていない様子でした。

これは残念なことです

使ってもらわないと、良さは分からないし、愛着も出てきません。

陶器と違って、割れるということも滅多にないですし、

剥げることはあっても、塗り直すことができるんです。

それに、高級な漆塗りだけが塗りものではありません。

化学塗料の塗り物だって、いいものたくさんあります。

家庭用食器洗浄機対応のお椀があったら、便利でいいと思いませんか?

業務用漆器を扱ってきた経験をもとに、

漆器は扱いにくいというイメージを少しでも変えていけるとうれしいです。

そして若い世代の人にも気軽におしゃれに使ってほしいです。

 

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2010年11月12日 23:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「当社は越前漆器産地で、漆器の製造、企画、販売をしています。」です。

次のブログ記事は「おせち料理は自分で作るという方へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count