おせち料理用重箱のサイズの売れ筋とは

| トラックバック(0)

 最近は、おせち料理用重箱のサンプルの問い合わせも多くなってきました。おせち料理の撮影用に1セットだけ先に送ってほしいといったお客様もちらほらです。

重箱の定番のサイズといえば、6.5寸(内寸で19cmくらい)の四角い重箱ですが、この大きさだと以前は本体を3つ使用する3段組がほとんどだったかと思います。

みやび重黒内朱

現在でも一番売れ筋の大きさはこの6.5寸サイズなのですが、昔と比べると多種多様になってきました。

6.5寸サイズより一回り大きい7寸サイズ、7.5寸サイズというのも同じようにご注文いただく割合が多いです。そして、全体的には少ないですが、更に大きい8.5寸、9寸、尺0といった大きな重箱も需要がでてきています。大きな重箱ですと、一段で使われることが多いようです。

尺0オードブル

尺0オードブル 本体

写真は小さいですが、30cm角の尺0オードブルです。本体自体が区切られているタイプなので結構便利に使われています。

おせち料理と一言でいっても、和・洋・中ありますので、この尺0オードブルは和・洋・中のすべてにおいてマッチします。

皆様のご家庭では、重箱を使われるのでしょうか?わざわざ重箱に詰めないというご家庭もあるでしょう。でも、年に一度のお正月、重箱に詰めた本格的なおせち料理を味わうのもいいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shikki-life.com/blog/mt-tb.cgi/99

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年10月17日 17:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地酒白龍の吉田酒造さんへ行ってきました。」です。

次のブログ記事は「木製手塗り漆のお喰い初め膳は、今では高価で貴重なものです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count