おせち料理を詰める重箱の仕切り方はいろいろありますよ。

お正月のおせち料理、料理の準備が整って、さあ、重箱に詰めようという段階になったとき、種類も多いのでどうやって詰めていこうかと悩むのではないのでしょうか。

そこで、今回は詰め方、仕切り方のご紹介です。

重箱の仕切り方

上の図でご紹介した仕切り方の他にもいろいろありますが、料理の種類に合わせて詰めていく事になりますので、種類が多い「一の重」は九ッ切に詰めるのに適していますね。例えば伊勢海老など大きな材料を詰める場合は、縦に3つに区切った仕切り方が良いでしょう。もちろん、乱盛りといって、種類の多い煮物などを彩りよく詰める場合は、仕切りも必要なくなります。

おせち料理を重箱に詰めるというのは、また一つの楽しみですね♪

 

重箱用の発泡仕切やPC中子を紹介しているともづな河和田業務用漆器通販をぜひご参考下さい 

 

ここから追加記事です。重箱の仕切に関するお問い合わせがありましたので、新たな記事をUPしました。

重箱の仕切りは買えますか?というお問い合わせがありました。

 

 

 

塗り物 いろいろ 贈り物 越前漆器の株式会社ヒロセ

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年2月10日 11:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「定番のおせち料理、どこに何を詰めるのか?」です。

次のブログ記事は「比較的、のんびりと充実した3連休でした。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count