ちょっとこだわった米寿丸盆は、漆で描いた竹笹の丸盆。

| トラックバック(0)

この丸盆は普段会社でお客様のお茶だしに使っている丸盆のひとつ。

米寿丸盆竹笹

平成12年に米寿のお祝いでいただいた丸盆です。普段使いで10年以上使っていてもあまり傷みませんね。会社のお茶だし用に、米寿の丸盆が3枚もあります(笑) 福井の独特な慣習なんですよね。福井のご家庭はこういったところが多いのではないでしょうか。以前に書いた米寿餅と丸盆の記事をご覧下さいね。

この写真のお盆、ちょっとこだわってます。普通はお盆の表面が朱塗だけなんですけど、見てわかるように「竹笹の絵」が描いてあるんです。いただいたとき、漆器屋の私でも「すごい!」って思いましたもの。それだけじゃなくて、「すべり止め」になっているのです。この絵柄はノンスリップの塗料で刷毛を使って描かれています。

このすべり止め、効き目が大で、そうかといって、触ってもさらっとしてる優れもの!

どんなすべり止め加工のお盆よりも優れていると思うくらいすばらしいです。スプレー塗装ではなく、刷毛で書いている分、塗料に厚みがあるから効き目がすごいのかな・・・

 

ひょんなことから、この竹笹を描かれている職人さんとお話する機会がありました。

この丸盆、センスもいいし、すべり止めがすごくいいという話をして・・・それで、新たに丸盆を作ってもらうことになりました。

米寿丸盆 竹笹

米寿丸盆 竹笹

ひとつひとつ刷毛で描いていくそうです。久しぶりに描いたそうです。
渕の部分が斜めに立ち上がっていて、天渕が少し広い丸盆で、サイズは、直径27cm(9号)です。

 

 

ちがったタイプの丸盆でもう一枚作ってもらいました。

米寿丸盆 竹笹

米寿丸盆 竹笹

こちらは切立(渕がまっすぐにたちあがっている)丸盆です。
写真の丸盆は直径30cmの10号サイズです。
 
他にも、直径24cm(8号)、25.5cm(8.5号)、27cm(9号)、33cm(11号)の全部で5種類あります。
 

普通の丸盆よりお値段は高めですが、こだわりのある米寿丸盆をお探しなら、この竹笹の丸盆はいかがでしょうか。

 

通常の朱塗米寿丸盆に関する記事はこちら⇒  米寿丸盆

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shikki-life.com/blog/mt-tb.cgi/220

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2012年5月24日 14:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日常業務で思うこと」です。

次のブログ記事は「ひつまぶし用に、しゃもじを入れるための切口加工ができます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count