連休は伝統工芸に触れた1週間でした。

今日から通常の営業です。

今朝はいつもより長い月例会議でした。これから始める新しい取り組みなど内容の濃い時間となりました。

 

さて、今日は連休中に体験したことを少し書きます。

連休中はもちろん、県内ではいろいろなイベントがありました。おかげで安・近・短のお出かけを今年は充分楽しむことができましたよ(^^)/

越前漆器も伝統工芸ですが、鯖江市のおとなり越前市和紙の里、これもすばらしい伝統工芸です。期間中、いろんな種類の和紙の即売も行われていました。和紙の里会館には、歴史がわかりやすく説明されていたり、伝統工芸の和紙が展示されていたりと見所もたくさんありました。昔のお札も越前和紙で作られていたようで、昔のお札も展示されていましたよ。お札に採用されるくらい強くて丈夫なんだなと改めて思いました。和紙といっても本当に多くの種類があることに驚き、奥の深さを感じました。

それから、これもまた越前市の伝統工芸「越前内刃物」、タケフナイフビレッジへ行ってきました。私の友達の旦那さんが内刃物の職人さんで、私が普段愛用している包丁も越前内刃物の包丁です。タケフナイフビレッジへは今回初めて行ったのですが、愛用の包丁を研ぎなおしをしてもらうのが一番の目的でした。ナイフビレッジには、いろんな種類の包丁や鎌などが販売されています。体験教室も行われており、私が行ったときは、「自分で作るマイ包丁体験」教室が行われていましたよ。

 

越前漆器・越前和紙・越前内刃物の他にも、越前焼の越前陶芸村がありますが、こちらは毎年5月の終わり頃に越前陶芸祭りが開催されていたかと思います。

 

そんなに遠くない距離にこれらの伝統工芸会館がありますので、1日かけて伝統工芸に触れてみるのもいいかもしれません。

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年5月 9日 14:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「越前漆器まつりはお天気も良く、賑わいました。」です。

次のブログ記事は「越前漆器とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count