食器に、なぜ漆器なのか?

| トラックバック(0)

ある方から質問されました。食器として使用するのに、なぜ漆器が必要なのか?と・・・普段漆器を扱う私はそんなこと考えたこともありませんでした。漆器はもしかして必要ない?

当社が得意なのは、皆さんが普段使っている食器用の漆器です。業務用を主に扱っているので、洗浄機対応のお椀や滑りにくいお盆など耐久性や使いやすさを追求して開発してきました。

 

>なぜお椀は陶器ではなく、漆器なのか?

これは、熱伝導率の問題が一番です。汁物といえば、たいてい熱い味噌汁やお吸物などなので、陶器などの器に入れたときすぐに熱さが伝わってしまうと手で持つのも容易ではなくなります。これが、漆器(特に木製の漆器)のお椀だと熱伝導率が悪いので熱さはさほど伝わってきません。そして、もう一つ、冷めにくいのです。温かい汁物は冷めてしまうと美味しさも半減しますから、少しでも温かいほうがいいですものね。日本の食文化に欠かせない汁物の器は漆器が一番相性がいいのです。

 

>なぜお盆は陶器ではなく、漆器なのか?

重量の軽さと割れにくいという長所です。私自身、陶器のお盆は見たことがありません。もしかしてこの世には存在するかもしれませんが。当たり前のように、漆器のお盆を使っているのでなぜ漆器?という考えは思いもつきませんでした。

 

なぜ?と考えることって必要なんだなと思います。

私たちが扱っている漆器の食器は、考えてみると、日本の食文化に沿って歩んでいます。日本の食文化あってこその私たちの仕事だと改めて確認できました。だからこそ、日本人としての誇りを持って仕事をしていこうと。

漆器=JAPAN と言われるのはなぜか?まだまだ勉強不足な私ですが、当たり前を当たり前と思わず、日々勉強しないといけませんね。

なぜ漆器なのか?と問いただしていただいた方に感謝です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shikki-life.com/blog/mt-tb.cgi/90

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年10月 3日 17:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「季節を勘違いした桜の花が・・・!?出番はまだですよ~^^」です。

次のブログ記事は「今朝はどんより曇り空です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count