商品の品質は下請けさんとの信頼関係が大切です。

| トラックバック(0)

11月に入りました。

今年は震災の影響で今まで以上に不景気風が吹いていましたが、ようやくこの頃少しずつ動き出してきたのではないでしょうか。

ここ、越前漆器の業務用漆器を扱う会社は、おせち料理用の重箱の出荷準備で今からが本番です。生地やさん、塗りやさんも次第に慌ただしくなってきました。

こういった慌ただしい中で少しでも良い商品を作り上げていくためには、生地やさんや塗りやさんとの連携が大きく影響します。よく話し合い、検品をしっかりすることで、間違いのない商品を出荷するということは当社にとってとても重要なことです。日頃のコミュニケーションからしか生まれてこない「あ・うんの呼吸、つまり信頼関係」が忙しい時期こそ大切です。

最近では、少しでも安いものという傾向にありますが、安いは安いなりの理由(もちろん自社努力)があり、逆に高いは高いなりの理由があるのです。

安くしなければいけないために、密着度の検査もおろそかにして値段優先の塗り加工をしようものなら、結局は粗悪な商品になりがちでお客様からのクレームにつながりかねません。これではどこも得をしないのです。

商売をするからには適正な利益を得て、下請けさんを苦しめることなく、満足したいい商品を出荷したいといつも思っています。価格の安さにとらわれがちな現状ですが、本来は品質重視のお客様に満足いただける商品を出荷したいと思っています。

そのためにも、生地やさんや塗りやさんなどの下請けさんとの常日頃の信頼関係は非常に大切で、下請けさんあっての当社の仕事でもあり、時には無理を聞いてもらってもいるので感謝の心は忘れないようにしたいと思います。良い仕事をしてもらうためには、私たちの態度一つなんだと思うのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shikki-life.com/blog/mt-tb.cgi/108

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年11月 1日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月最終日曜日は芸術の秋を堪能しました」です。

次のブログ記事は「バイキングプレートは軽くて9つに仕切られた漆器のプレートで。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count