ゴールデンウイークを過ぎると、修理依頼が増えます。

 飲食店は、土日や連休が稼ぎ時。

連休が過ぎた今頃の時季がおそらく飲食店さんにとってはひと段落の季節なんでしょうか?この時季に修理依頼の商品が入ってくるケースが多いです。

毎日使っているものなので、半分修理して、また半分といった具合で来る場合もあれば、季節はずれの時季に一気に修理するといった場合もあります。

10年前から比べると修理は多少増えたかなと思うのですが、こんなご時勢ですし、買い替えや修理を我慢して使われている飲食店も多数あるでしょう。

お椀でいうと、口がつく天渕の部分だけでも修理すると、修理価格も抑えられ、見た目も少しはというよりすごくよくなる場合もあります。

飲食店によって、忙しい時期とそうでない時期とあると思いますが、機会を見計らって思い切って修理しませんか?

お見積もりは無料ですので、メールにてお問い合わせ下さい。

 

業務用漆器の株式会社ヒロセ

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年5月16日 14:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「激安木製漆塗り箸 VS 洗浄機対応樹脂箸 どちらが人気だったでしょうか?」です。

次のブログ記事は「粗品のラッピングはお客様のアイデアから生まれました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count