すべり止め(ノンスリップ)加工

ノンスリップ加工盆

 料理を運ぶときに器がスリップして失敗するのを防ぐ方法として、ノンスリップ盆が考案されました。

初期の頃はゴムマットを表面に張った商品が市場に出ましたが、洗浄が不便なことなど欠点が多く昭和60年ぐらい頃から現在の塗料によるノンスリップ加工が考案され、現在に至っています。

ノンスリップ加工が考案された初期の頃は、ごみが密着して取れなくなったり、あまり効き目がなかったりなどの苦情の連続でした。現在はノンスリップ塗料も改善され、品質においてもさまざまな段階のものが開発され、初期の頃のような欠点は徐々になくなってきました。

ただ、使用方法によっては失敗も多く、次のような実例がありましたのでご紹介します。

 

「スキー場とチーズ」

 これは東北のスキー場レストランでのお話です。ノンスリップ加工をしたお盆を納品後1ヶ月ぐらいしてノンスリップ塗料が剥げたとの連絡が入り、原因を究明するため現地に赴きました。現地に着き、早速お盆の上に水の入ったコップを載せ、ほんの少し傾けたところ見事に滑ってしまい、大変動揺しました。

 気を取り直してお盆の表面を丹念に調べてみると、表面がねっとりべったりした状態で、爪を立てて触ってみると白い塊のようなものが取れました。現場の方と白い塊について調べたところ、結論は「チーズ」だということが判明しました。

 人気の高いスキー場という事もあり、殺到するお客様をこなすべく、お盆の表面を簡単に一拭きするのみでフル回転で使用されていたお盆。このスキー場ではチーズを使った料理をお客様にだしていて、営業中は室内の暖房でチーズが溶けて盆の表面に徐々にべったりくっつき、それが暖房を切った閉店後の極端な寒さの環境のもとで固まり、表面に層となって、いわゆるワックスを塗ったスキー板の裏のような状態になってしまったのです。

 解決方法は、単純でした。お盆の表面についたチーズを湯で溶かし、丁寧に洗浄すれば元の通りのノンスリップ加工の効き目が蘇りました。大事なことは、「洗浄は丁寧に」ということ。

ノンスリップ加工(すべり止め加工)のお盆が仕上がってきました。

ノンスリップ加工をする前の記事はこちら

すべり止め加工の運び盆

すべり止め加工の運び盆

加工したてなので、当たり前ですがよく効いています。もともと使われていた運び盆に加工を施しましたが、今回はかなりきれいな状態で油分なども付着していなかったので、比較的作業も楽でした。

 

お盆のすべり止め加工は年々、需要が増えてきたように感じます。特に、飲食店関係で使われるお盆は半分以上すべり止め加工(弊社ではノンスリップ加工と呼んでいます=以降、ノンスリップ加工)のお盆が出荷されています。

ノンスリップ加工とひとくちに言っても、加工方法がいくつかあり、どの加工方法を取り入れるかはお盆の使い方によって変える場合もあります。

とはいうものの、全体的にすべり止めの塗料を吹き付けて塗る方法が一般的です。価格的には、ノンスリップ加工をすることで、およそ2割くらいUPします。

 

今日ご紹介するのは、お客様が普段使用されている運び盆に、ノンスリップ加工をしてほしいという例です。使っているお盆にも加工を施すことはできるのです。ただし、かなり使われていて、状態がはげていたりする場合は、もう一度塗り直しからということになりますが。

運び盆にすべり止め加工の依頼

今回のご依頼の運び盆は、状態がかなり良いので、洗って、ノンスリップ加工を施す表の部分を研いでからの加工で大丈夫そう。

運び盆トギ

写真のように、さっとキズをつける程度のトギでOKです。なぜキズをつけるのかというと、お盆と塗料の密着をよくするためです。

約、1週間ほどの仕上がりとなる予定です。ノンスリップ加工を施した状態は、仕上がってからブログにUPします。

 

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちすべり止め(ノンスリップ)加工カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお土産・ギフト・贈り物です。

次のカテゴリは修理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count