商品の紹介

 ファンシー松花堂

サンプルで何点か作ったファンシー重箱の新作が仕上がってきました。

ピンクと白を交互に組み合わせることで市松模様になります。仕上がってきたばかりなので、いまからお値段など決めていきますが、この重箱は業務用というより、個人の方がご家庭で使っていただきたくて作ったものです。

なので、いずれ、値段を決めて、ネット通販するつもりです。

優しい色合いで品質がかなり高い塗装ですので、こだわりを持った方に使っていただきたい重箱です。

 

正式に販売するときに、お知らせしますのでよろしくお願いいたします。

かんかん照りの一日です。梅雨が明けてないっていうのは本当なの?って思うくらい。

 

 

今日の商品紹介です。

システム大名膳 新雲

折り畳みのできる大名膳です。ウラを向けると「ともづな」マークが入っています。

システム大名膳の折り畳み

20年ほど前は、旅館や仕出し料理やさんによく売れたお膳です。会社の倉庫にも山のように積んでありましたし、毎日脚を組み立てないと間に合わないくらい人気のあったお膳です。

今では、大名膳自体が出回らなくなりましたが、それでも需要はゼロではありません。ネットに掲載するようになってからですが、自分で使うという個人の方もいらっしゃいます。一つからでも発送しますよ。

軽くて、折り畳みも簡単!

新雲(しんくも)システム大名膳  参考上代5,200円税抜

 
ともづなWEBカタログに他のお膳も掲載しています。

   ⇒  お膳ページ
 

 うちわ盛器

うちわ盛器、織部の透かし具合が美しい塗りの盛器です。

みるからに涼しそうです。

二色の水まんじゅうを添えてみました。

 

うちわといえば、粗品でいただくこともあるかと思いますが、ある地元の銀行さんから今年はプラスチック製のものではなく、竹製のうちわをいただきました。朝顔などの涼しげな絵柄がはいって風流だなと思っていたら、また別のところからも竹製のうちわをいただいて・・・

今年は竹製が出回っているのでしょうか???例年プラスチックのうちわをいただくことばかりだったので、立て続けに竹製のうちわをいただいてちょっと驚いています。

でも、うちわは今年も間違いなく活躍しそうです~

美味丼

我が家でも愛用の丼椀。 「美味丼(びみどん)」

この器の気に入っているところは、外側のRのラインのデザインがきれいなところ。

すごく上品だと思いませんか?

写真ではちょっとわかりづらいかもしれませんが、外側の渦状の塗りデザインも素敵なんです。銀がかったピンク色のキラキラした感じがすごく私好みなんです。内側は落ち着いた赤で、お料理を盛り付けるとなお一層引き立ててくれるような色あいです。

塗りものの器って扱いが面倒だって思っていませんか?

もちろん、丁寧に扱うにこしたことはありません。

でもね、普通に食器用洗剤を使って、普通の柔らかいスポンジでごしごし洗ってOKなんです。ステンレスのたわしや、ゴワゴワしたスポンジは避けてくださいね。

しょっちゅう使ってますけど、そんな簡単に塗りが剥げる事もありませんし、この美味椀は家庭用食器洗浄機に入れて洗ってます。

 

自分で使ってみて、これはいい!と思うものを他の人にも勧めたいと思っています。その方が自信を持ってお勧めできるからです。

美味椀、気になるな~って思った方は、↓クリックしてみてくださいね。

外側のラインが美しい美味椀

 

 

 うちわ盛器 白銀

本物のうちわのようですが、これは漆器の盛器(もりき)。花台などにも使えそうです。

漆器には、いろんな形で作られた製品がありますが、こちらは「うちわ」の盛器です。

まさに日本の風情あふれる「うちわ盛器」。四季を通してというより、まさに夏の風物詩のような盛器です。

ちなみに木製ではなく、樹脂製です。

手前の塗りは「白銀」といってパールがかった上品で落ち着いた色合いです。写真で見るより実物が断然きれいな色です。光によって、白っぽく見えたり、ベージュっぽく見えたりします。

 

 

 

うちわ盛器 織部

緑のうちわは「織部(おりべ)」。線がついた凹凸が透けて、こちらもとても美しい仕上がりになっています。

持ち手の部分からてっぺんまで測ると約24cm。

 

これだけ上品な塗りだと、盛付けるお料理がかなりグレードアップしてみえることでしょう。

 

夏を演出する「うちわ盛器」の紹介でした。

 飯丼と一口飯椀

左:一口飯椀(ひとくちめしわん) 金刷毛ぼかし
  サイズ直径12cm×高さ5cm 容量約100cc
 
右:飯丼(めしどん) 金刷毛ぼかし
  サイズ直径12.5cm×高さ6.6cm 容量約200cc

ABS樹脂製で、小さめの飯椀と丼椀です。

 

一口飯椀は、小さいお子様のお茶碗として、セットメニューのご飯茶わんとしておすすめです。バイキング形式のご飯茶わんとしても使えるのではないでしょうか。

飯丼は、セットメニューの丼物や麺鉢としておすすめです。大盛り用のご飯茶わんとしても使えます。

 

他の塗り色や参考上代などは⇒ 表示

 

会社WEBサイトの ともづなカタログページ⇒企画の椀 にも掲載しています。

 

株式会社ヒロセ
〒916-1223福井県鯖江市片山町6-1
tel 0778-65-0103 / fax 0778-65-2030

 宴松花堂

宴(うたげ)松花堂という懐石のお弁当箱です。盛器としてもお使いいただいてます。

この宴松花堂は、今から20年ほど前に誕生しました。当時としてはかなり斬新的な松花堂だったのではないでしょうか。

普通の松花堂といえば、

松花堂

↑ こういった松花堂が一般的です。

 

松花堂弁当といっても、宴松花堂の場合は、平らなプレートのような形で、いわゆる現在のバイキングトレーのような感じです。

あるお客様から宴松花堂のような形を希望されて木製でご注文いただいたのがきっかけでした。木製品はかなり高価なお弁当箱になり、業務用となると扱いも大変です。

そして、3種類のサイズの宴松花堂を作ったのです。形に特徴があるので、専用の仕切りも加えて作りました。

弊社はお客様から、「ちょっと変わったものを作るよね」と言われることがありますが、当時相当変わった松花堂と思われたことでしょう。今現在でも変わった松花堂に違いないですから。

 

ここ最近のカタログでは、あまり掲載していなかった宴松花堂ですが、改めてWEBカタログとしてまとめてみましたので、よろしかったらご覧下さい。

   宴松花堂カタログページ

 

株式会社ヒロセ

tel 0778-65-0103 / fax 0778-65-2030

 プレール盆11号

甘味トレーとして

 

プレール盆11号

カスタートレーとして

 

 

プレール盆11号は、幅約32cm×奥行き18cmの小さめトレーです。上記のように、ぜんざい盆・茶漬け盆・ちょっとした定食盆・カスタートレーなど、いろいろなシーンでお使いいただけます。

黒・朱・溜(ため)色のほか、グリーンや紫など色のバリエーションも豊富です。

積み重ね抜群で、収納もOK!飽きのこないシンプルなデザインです。

数量に応じて、お客様の御希望の色に合わせた塗装や、すべり止め加工・高品質加工など産地ならではの細かい対応で承ります。

詳しくは、

プレール盆11号 をご覧ください。

 

越前漆器産地 製造・企画・販売
〒916-1223福井県鯖江市片山町6-1
tel 0778-65-0103
fax 0778-65-2030

連休の合間、5月1日、みなさんはどのようにお過ごしですか?

4月はあっという間に過ぎてしまったような印象ですが、5月もこの調子ではあっという間に過ぎていきそうです。

さて、5月というと、本格的な春の運動会シーズン突入です。

ここ鯖江市のすべての小学校は、例年5月の土曜日、または日曜日に運動会が開催されます。

運動会に向けて子供たちもいろんな競技の練習など余念がないと思いますが、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんたち家族にとっても一大イベントですね。

運動会といえば、手作りのお弁当!子供たちも楽しみにしているはず!運動会のお弁当を作るお母さんたちも、この日ばかりは張り切ってお弁当を作られることでしょう。

実際、私も子供が小学生の頃までは、お弁当の中身を考えるのが大変でもあり、楽しくもあり、運動会当日喜んで食べてくれる顔を見てそれだけで嬉しかった記憶があります。

 

運動会のお弁当箱で今イチオシなのが、福梅重

福梅重

これ、最近私も使っているお弁当箱なんですけど、なんといっても見た目が可愛いところがお勧めです。

梅の形もそうですけど、ピンクとベージュのきらきらした色あいで可愛さのなかに、上品さが加わっています。

盛付がしにくいんじゃないの?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私が普段使っていてそんなことはほとんど感じません。形がお花の形なので、普通に盛付けるだけでも可愛く見えてしまうところが嬉しい♪

 

そんな福梅重、新しく開設したネットショップで販売を始めました。宣伝になって申し訳ないですが、可愛いお弁当箱をお探しの方は是非お立ち寄り下さい^^

 ⇒ 梅の形のお弁当箱 福梅重

 

 福梅重

先日私が作った「桜のお花見弁当」です。

この福梅重、使い勝手が良いので普段から愛用しています。

色も、赤や黒といった塗り物特有の色ではなく、ピンクにパール、ベージュにパールときらきらした銀のパールを塗装していますので、見た目も美しく、安っぽさを感じさせません。かといって、扱いにくさは全くありません。

一番広いところで幅16.5cmほどのお弁当箱なので、そんなに大きくありませんが、3段、4段、ときには5段と積み重ねて使っています。

家族一人分ずつのお弁当を詰めて出掛ければ、お皿に取り分けることもせず、そのまま食べることができて便利です。

専用のシール蓋もあるので、あらかじめフルーツやサラダなど盛り付てしまって冷蔵庫に保存するのも非常に便利です。

運動会や行楽のお弁当箱で可愛い重箱をお探しの方は、私も愛用している福梅重、かなりお勧めです。

 美味椀

家で使っている美味椀です。これ、すごくお気に入り。

耐熱木質樹脂で洗浄機対応のすぐれものです。直径14.5cmで、そんなに大きくはないけれど、家で丼の器として使うには充分な大きさです。他にも、うどんやお蕎麦、お茶漬け椀としても重宝してます。

気に入っているのは使いやすいからだけではありません。デザインや塗りがきれいで上品なこともお気に入りの理由です。

美味椀

外側の下から上に向かう曲線がすごく好きです。

この美味椀、当社でお売りすることもできますので、もし興味があればお買い物ページをご覧下さい。

美味椀のお買い物ページ

 

業務用漆器製造、企画、販売 株式会社ヒロセ

 寿冠桶

3月3日のおひな祭りは、ちらし寿司でお祝いされたご家庭も多かったのではないでしょうか?

器を春色にすることでより一層お祝い気分になりますね。

NEW寿冠桶9号 寿司桶の2人用サイズですが、ちらし寿司を盛付けると、4~5人分食べれるくらいの量を盛付けることができました。

お寿司の上に、錦糸卵しか載ってないので、器でカバーです(笑) 実は、この後いくらと三つ葉を載せてもう少しお祝い気分を付け足したのですが、それは残念ながら写真なし^^;残念です・・・

 

NEW 寿冠桶 朱銀ぼかし

写真は9号(2人用)サイズです。

昨年末の業務用重箱通販、おかげさまをもちましてネット通販で多くのお客様からご注文をいただくことができました。本当にありがとうございました。

業務用重箱通販 というタイトルにもかかわらず、個人のお客様からの問い合わせもかなり増えたことは新しい発見でした。今後こういった需要に対応できるよう、ますますわかりやすいサイトを作らなければとかんがえておりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

重箱の仕切は一年を通して扱っておりますので、お問い合わせやご注文おまちしております。

重箱の仕切

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

※追加記事です。

運動会、行楽用のお弁当箱としてご家庭でお使いいただける福梅重の販売を始めました。可愛いお弁当箱をお探しの方は、是非ご検討下さいね。

 こんにちは。9月も半ば、なのに30度を越す暑い日が続いております。昨日の夜は十五夜お月様を眺めましたか?時折雲に隠れたり、まだ姿を現したりと、風情のあるきれいなお月様でしたね。

十五夜の次は、十三夜だそうです。今年の十三夜は10月9日、またまた満月を期待しています♪

 

さて、9月に入ると、この業務用漆器業界は迎春用おせちの重箱のサンプル依頼が多くなってきます。大手のホテル、百貨店などでは、春先から動いているようですが・・・大抵は8月9月から本格化してきます。

おせち料理といえば、今年のお正月は、ネットでの格安販売で、実際のおせち料理がひどいものだったというニュースがありましたね。来年のお正月はそういったものが出回らないことを祈ります。

-----------------------------

 

今月に入ってから、当社でもサンプルのご依頼が少しずつですが増えてきました。大々的にではありませんが、漆器だけではなく木製白木重や紙製重箱なども扱っています。

特に紙製の重箱は生産に手間がかかるため、ご注文をいただいてから、年末に間に合わせるための納期を充分にみていただくため、10月中旬ころにはご注文を締め切っています。

紙製重箱杉木目

上の写真のように、最近では正方形だけでなく、長方形の重箱も珍しくありません。

こういった箱の中に、仕切りを入れてご利用いただいてます。

紙製重箱仕切

紙製重箱と仕切

このように仕切りをご提案して、数量などを考慮に入れて見積もりしています。

樹脂製、木製、紙製いずれにおいても、材料が高くはなってもなかなか安くはなりません。食材も同じだと思います。おせち料理を販売される業者の方は毎年頭を抱えておられることでしょう。

私たちメーカーは、アイデアを出して重箱や仕切りを組み合わせ、お客様のご予算に近づける努力を怠らないよう心がけていきます。

 

紙製重箱の直販サイトは こちら から

 お月見団子

本日二回目の記事です。

やはり、お月見団子は欠かせません(*^。^*)

ということで、お団子を準備いたしました。時間があれば、作りたいところですが・・・^^;

これで、今夜のお月見の準備は万端です!皆様も良いお月見をお楽しみ下さいませ。

 光月盛器

今日も30度を越す暑い日となりました。

お天気が良いおかげで、今夜の十五夜お月様は楽しみですね。昨日まで、どんどん膨らんでいくお月様を毎晩眺めていました。本当に美しいですね・・・

割烹用漆器にも、お月様にみたてた盛器がいろいろあるんですよ。写真もその一つなのですが、何か足りない・・・おわかりでしょうか?

お月見にはかかせない「ススキ」ともう一つ、「お団子」が足りないんです^^; 

このススキも、朝自転車で散歩してとってきました。自然あふれる田舎なので、すぐに見つかるだろうと思っていたのに(昨年は会社を出てすぐの川沿いに生えていました)、今年はどういうわけか?なかなか見つからず、ようやく見つけたススキなのでした。

 

お月様の盛器は、日本人ならではの感性といっていいのではないでしょうか。漆器には四季折々の器があり、蒔絵があり、漆器が「JAPAN」といわれるだけのことはありますね。

 

もう一つ、

雅盛器 満月

四角い器にきれいな雲がかったお月様が描かれています。このお月様はなかなか技術がいりますよ。塗り師さんの腕が光る一品です。

漆器でお月様を堪能していただいて、今夜のお月様も楽しみましょう♪

重箱に掛紙

 

蓋に絵のない無地の重箱 ↓ 校倉重(あぜくらじゅう)といいます。

黒校倉重 

この校倉重(あぜくらじゅう)は迎春用の重箱として人気のある商品です。黒無地に金色の帯がワンポイントで入っているので、シンプルながらも重厚感がありますね。

この校倉重を、少し雰囲気をかえてみましょう。

校倉重に紅白房紐

紅白のゴム房紐をつけると、更におめでたい感じですね。

さらに、ワンランクUPの提案です。

校倉重に鶴の掛紙

鶴の透かし模様(越前和紙を使っています。)がはいった掛紙を蓋の上において、紅白のゴム房紐で留めてみました。寿の文字を入れれば、ますますおめでたさがUPします↑

このように、同じ重箱でもちょっとしたアイデアでオシャレなおめでたさUPの重箱に早変わりです!

当社では、校倉重、紅白ゴム房紐、鶴の掛紙、すべて扱っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

越前漆器産地の株式会社ヒロセ
TEL 0778-65-0103  /   FAX 0778-65-2030
メールでのお問い合わせ hirose@tomoduna.com

フタ付きの直径135mmの煮物椀です。金色といっても、いろいろありますが、この金色はオレンジがかった深い色合いです。しかも、塗り師さんが丁寧に仕上げていますので、美しい仕上がりになっています。

金凛しのぶ椀 

なかなかご家庭では使わない煮物椀ですね。

春夏は涼しげな銀色のお椀が合いますが、秋冬は温かみのある金色のお椀が似合います。

材質は耐熱の木質樹脂ですので、洗浄機使用可能です。

 

T8-100-5 4.5平羽反椀(ひらはぞれわん) 金凛(きんりん)しのぶ
参考上代5,500円税別
サイズ 直径135×H58mm 身の高さ48mm
 
※受注生産品です。受注後3週間ほど。最低ロット30セット

吉野鉢 金とばし茶乾漆

吉野鉢 金とばし茶乾漆(ちゃかんしつ) 6号サイズと7号サイズの2種類あります。

先日紹介した吉野鉢に、色違いが出来ました。

先日の記事 ↓

「梨地とばし黒乾漆」という長ったらしい塗り名ですが、味のある中鉢に仕上がりました。

梨地とばし黒乾漆の吉野鉢

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

比べてみるとお分かりのように、

今回は明るい茶色に金の細かい塗料をおとしています。どちらも乾漆仕上げなので、ざらざらした手触りは同じで、キズ防止加工になっています。

吉野鉢 金とばし茶乾漆

上の写真は、吉野鉢の裏側です。裏側まで手を抜かずきれいに仕上げています。

 

吉野鉢6号 金とばし茶乾漆 参考定価2,500円税抜
サイズ 直径180×H52mm  ABS樹脂製
 
 
吉野鉢7号 金とばし茶乾漆 参考定価2,700円税抜
サイズ 直径209×H60mm  ABS樹脂製
 
 
※ABS樹脂は耐熱温度約60度で、洗浄機対応ではありません。
※電子レンジ・オーブンにはご使用いただけません。
※中性洗剤をご使用いただき、やわらかいスポンジで洗ってください。

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

吉野鉢 梨地(なしじ)とばし黒乾漆(くろかんしつ) 6号と7号

一見陶器と見間違えるほどの出来栄えとなりました。正真正銘の漆器です。陶器のようなでこぼこした感じや、ざらざらした乾漆仕上げが質感を高めています。

ABS樹脂製ですので、軽くて割れません。業務用仕様の塗り物なので自信をもっておすすめできます。

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

横から見ると ↑ こんな感じです。外側にゆるやかな段がついています。 

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

6号と7号のセットで贈り物にしてもよいでしょう。そうめんやうどんなどの麺鉢として、煮物を盛付ける器として、和を演出したサラダ鉢として、刺身鉢として・・・いろいろと使えそうです。

 

吉野鉢 梨地とばし黒乾漆

↑ 吉野鉢6号を使用しています。

 

吉野鉢6号 梨地とばし黒乾漆  参考定価2,500円税抜
サイズ 直径180×H52mm  ABS樹脂製
 
 
吉野鉢7号 梨地とばし黒乾漆  参考定価2,700円税抜
サイズ 直径209×H60mm  ABS樹脂製
 
 
※ABS樹脂は耐熱温度約60度で、洗浄機対応ではありません。
※電子レンジ・オーブンにはご使用いただけません。
※中性洗剤をご使用いただき、やわらかいスポンジで洗ってください。
 
 
 
営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち商品の紹介カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは修理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count