地震で落ちて欠けた大杯の修理、途中経過です。

少し前になりますが、 地震で落ちて欠けた大杯の修理のご依頼という記事を書きました。

今日は、途中経過の報告です。

以前の記事でご紹介しましたが、

修理大杯

一部欠けた部分を木工やさんで継ぎ足ししてもらった状態が上の写真でした。

そして、現在、

大杯の中塗り状態1

 ↑表はまるで完成かのようにつやのあるきれいな朱塗ですよね。しかも、木工やさんで継ぎ足した部分が全くわからない! これが、まだ中塗りの段階で、ここから研いで上塗りの工程へと進みます。

大杯の中塗り状態2

 ↑ 裏も朱の部分は中塗りがきれいに塗りあがっています。

つやがあるので、全部写真に写りこんでしまうくらい!

 

ここからじっくり1ヶ月ほどかかるようです。仕上がりがますます楽しみです。

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年4月21日 15:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「越前漆器の食器で味わう地元の食材と伝承料理」です。

次のブログ記事は「今年の春景色in鯖江」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count