漆器製品は学校など教育機関の国際交流の場で役立っています。

最近では、国際交流を行う学校、団体がどんどん増えてきましたね。

国際交流を図っている機関も多く、この傾向は益々広がっていくことでしょう。

これも、国内から世界へ目が向けられている証拠なのでしょう。日本の若者たちが世界へ目を向けて、積極的に海外へ行くという機会が増えるのはとてもいいことだと思います。

私も若い頃、ほんの少しの間ですがアメリカ、カリフォルニア州の小さな街へ留学した経験があります。海外へ行くことで、自分の知らない世界を知ることができ、それとともに改めて日本の良さを見直すことができました。

 

ということで、今回は国際交流の場で日本のお土産、記念品として使われる漆器の話です。

当社では、学校の先生方から、日本のお土産、記念品ということでご注文をいただく機会があります。

個人へのプレゼントや、姉妹校へのプレゼントなどさまざまなのですが、日本らしさを見て感じていただける漆器は大活躍です。

桜や梅、富士山、などの蒔絵を施した写真立て、パネル、ボールペン、アドレス帳などが人気です。

パネルなどは、ご希望に応じて姉妹校の名前を入れさせていただいてます。


そこで、会社のサイトに新たに学校関係の方向けの記念品やお土産の紹介ページをつくりました。

学校・団体など国際交流関連事業における記念品やお土産紹介ページ

いろいろ提案させていただきますので、学校関係はもちろん、個人の方までお気軽にお問い合わせ下さい。

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年6月 3日 10:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「商売繁盛、無病息災を願ってお祓いをしていただきました。」です。

次のブログ記事は「鯖江「亀蔵」でのブログ道場オフ会は銀行の人気者が話題の中心でした。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count