おせち用紙製重箱は生産の都合上早めにご注文の受付を終了します。

| トラックバック(0)

 こんにちは。9月も半ば、なのに30度を越す暑い日が続いております。昨日の夜は十五夜お月様を眺めましたか?時折雲に隠れたり、まだ姿を現したりと、風情のあるきれいなお月様でしたね。

十五夜の次は、十三夜だそうです。今年の十三夜は10月9日、またまた満月を期待しています♪

 

さて、9月に入ると、この業務用漆器業界は迎春用おせちの重箱のサンプル依頼が多くなってきます。大手のホテル、百貨店などでは、春先から動いているようですが・・・大抵は8月9月から本格化してきます。

おせち料理といえば、今年のお正月は、ネットでの格安販売で、実際のおせち料理がひどいものだったというニュースがありましたね。来年のお正月はそういったものが出回らないことを祈ります。

-----------------------------

 

今月に入ってから、当社でもサンプルのご依頼が少しずつですが増えてきました。大々的にではありませんが、漆器だけではなく木製白木重や紙製重箱なども扱っています。

特に紙製の重箱は生産に手間がかかるため、ご注文をいただいてから、年末に間に合わせるための納期を充分にみていただくため、10月中旬ころにはご注文を締め切っています。

紙製重箱杉木目

上の写真のように、最近では正方形だけでなく、長方形の重箱も珍しくありません。

こういった箱の中に、仕切りを入れてご利用いただいてます。

紙製重箱仕切

紙製重箱と仕切

このように仕切りをご提案して、数量などを考慮に入れて見積もりしています。

樹脂製、木製、紙製いずれにおいても、材料が高くはなってもなかなか安くはなりません。食材も同じだと思います。おせち料理を販売される業者の方は毎年頭を抱えておられることでしょう。

私たちメーカーは、アイデアを出して重箱や仕切りを組み合わせ、お客様のご予算に近づける努力を怠らないよう心がけていきます。

 

紙製重箱の直販サイトは こちら から

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shikki-life.com/blog/mt-tb.cgi/77

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年9月13日 13:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「十五夜お月様、中秋の名月が楽しみです。」です。

次のブログ記事は「今朝の包装の現場は準備万端です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count