熱硬化性樹脂(直圧樹脂)の金型

| トラックバック(0)

当社で扱っている樹脂製漆器は一般的に2種類の成型方法があります。

熱可塑性樹脂 と 熱硬化性樹脂

これについては、当社WEBサイトの漆器マメ知識のページをご覧下さい。

今日は、熱硬化性樹脂の金型をご紹介します。お椀のフタです。

熱硬化性樹脂の金型

鉄のかたまりで、小さくてもどっしりとした重さです。こんな金型がいくつも当社の倉庫に置いてあるのですが、大抵は成型をお願いする生地やさんに置いてあります。

この金型にプラスチックの粉末を入れて高温で固めてできるのが、

       ↓↓↓↓↓

お椀のフタの素地

 

これは、1個ずつの成型なのですが、一度に2個・3個できるものもあります。

↓ 下の写真は2個できるタイプのものです。

2個取りの金型

このような金型で製品が作られます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shikki-life.com/blog/mt-tb.cgi/159

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2012年2月10日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「外は吹雪、春が待ち遠しいです。」です。

次のブログ記事は「当社のfacebookページをご覧下さい。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count