うちわ盛器は日本の夏を演出します。

| トラックバック(0)

 うちわ盛器 白銀

本物のうちわのようですが、これは漆器の盛器(もりき)。花台などにも使えそうです。

漆器には、いろんな形で作られた製品がありますが、こちらは「うちわ」の盛器です。

まさに日本の風情あふれる「うちわ盛器」。四季を通してというより、まさに夏の風物詩のような盛器です。

ちなみに木製ではなく、樹脂製です。

手前の塗りは「白銀」といってパールがかった上品で落ち着いた色合いです。写真で見るより実物が断然きれいな色です。光によって、白っぽく見えたり、ベージュっぽく見えたりします。

 

 

 

うちわ盛器 織部

緑のうちわは「織部(おりべ)」。線がついた凹凸が透けて、こちらもとても美しい仕上がりになっています。

持ち手の部分からてっぺんまで測ると約24cm。

 

これだけ上品な塗りだと、盛付けるお料理がかなりグレードアップしてみえることでしょう。

 

夏を演出する「うちわ盛器」の紹介でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shikki-life.com/blog/mt-tb.cgi/238

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2012年6月19日 15:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「色についてもっと学びたいと思いました。」です。

次のブログ記事は「化学塗料の塗りたてのお椀の嫌な臭いを早く消す方法はありますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count