ご希望があれば、食器の塗り替えもしています。

漆器の修理といってもさまざまですが、今日は全く違う色に塗り替える商品をご紹介します。

まず、お使いになって20年近くというそば器です。

このお客様、20年近く使われていると言われましたが、その割にはなかなかきれいなので、丁寧につかわれているのでしょう。

写真は研いで洗った後の写真です。

漆器の塗り替え

朱で、天渕が黒に塗ってあるそば器でした。

これを、溜(ため)色に塗り替えたいという御希望で、次の写真のようにきれいに塗り替えました。

漆器の塗り替え

つやのある新品同様の商品に仕上がりましたよ。

こうして、また20年近くお使いになられるのでしょうね。

そう思うと、漆器の寿命はなんと永いのでしょうか。割れたりヒビが入ったりしない限り、塗り替えさえすれば永く使えます。

 

今回の修理の工程は、

 ① 研ぎと洗い

 ② 溜(ため)色の塗装

以上です。今回の修理のお値段の目安は、1個あたり500円前後(あくまでも目安としてお考え下さい。)

大きさ、工程などさまざまな条件で修理単価は変わりますので、お手持ちの漆器製品の修理単価が知りたいというお客様は、お気軽にお問い合わせ下さい。見積もりは無料です。

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年6月 7日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「父の日のプレゼントはお決まりですか?」です。

次のブログ記事は「麦刈りの季節のアレルギー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count