頑固なこだわりがセンスの良さを引き立てる舟型の盛器

春慶舟型盛器新商品としてご紹介します。

色の濃淡が深く美しい春慶塗りの舟型盛器。

お刺身を載せるなら一人前の大きさです。

塗り師さんのこだわりが、側面の銀線にあります。

すべての側面を銀で塗らないところがセンスなのだと。

途中で止めると、汚くなりがちなので全部塗ったほうが楽なのに、頑固なこだわりでセンスを重視してこの仕上がりになりました。

手にとって見てほしい一品です。

角度を変えて見てみると、

春慶舟型盛器

春慶舟型盛器

立体的な動きのある、素敵な舟型盛器です。

春慶の落ち着いた深みのある塗りがお料理を引き立てること間違いなしです。

サイズや価格など興味のある方はお気軽にメールにてお問い合わせ下さいね。

 

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年3月 5日 16:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゼブラ柄が美しい半月敷きマット」です。

次のブログ記事は「ゼブラ柄シリーズ第2弾は「尺3くつわマット」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count