東日本大震災で被災されたIT系企業に対しての施設提供の取り組み

私個人が研修でお世話になった「ふくい産業支援センター」と福井県の取り組みをご紹介します。

このブログを始めたのも昨年秋から今年にかけてのブログ道場という研修がきっかけでした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ふくい産業支援センターでは、東日本大震災により被災された
 IT系企業に対して施設を提供させていただきます
 http://www.fisc.jp/archives/cat3/post_353.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 福井県および(公財)ふくい産業支援センターでは、東日本大震災により
 業務遂行に支障が生じている情報通信関連事業者に対して、「福井県産
 業情報センタービル」(福井県坂井市)の空き室を一定期間施設利用料
 を減免して提供させていただくこととなりました。

 概要は以下のとおりです。


<対象事業者>

 ソフトウェア開発、WEBサイト制作等の情報通信関連事業を行う事業
 者被災地等に本社があり、かつ、東日本大震災で被災し、またはそれに
 伴い実施される計画停電等により事業所所在地での事業継続が困難と
 なったため代替オフィスを必要とする事業者の方が対象です。


<貸出施設>

 ■Aタイプ(109.74平方メートル、241,428円)
 ■Bタイプ(83.9平方メートル、184,712円)
 ■Cタイプ(27.13平方メートル、59,686円)

 ※入居保証金(敷金、礼金)、共益費は不要です。
 ※電気料金、電話料金等については、実費を負担していただきます。


<支援内容>

 (1)被災企業については、技術開発室1室分の施設利用料を平成23
    年9月末まで無料とします。

 (2)その他の企業については、技術開発室1室分の施設利用料を平
    成23年9月末まで半額とします。

<福井県産業情報センタービルについて>

 福井県産業情報センタービルは、福井県産業の高度化、高付加価値
 化の促進に必要な情報サービス業、情報関連産業で活躍する人材や
 企業の育成・支援を目的に運営している施設です。
  

<技術開発室について>

 情報通信産業関連分野の事業を行う方、福井県産業情報センターの
 情報通信設備を利用し、情報通信機器を高度に活用した事業を行う
 方に入居していただく施設です。
 
 ネットワーク設備や二重床設備が整備済みで、24時間・365日利用可
 能であるなど、利用しやすい環境・運用となっています。 

<関連リンク>

 ■公益財団法人 ふくい産業支援センター 公式サイト
  http://www.fisc.jp/
 ■福井県産業情報センタービル施設概要
  http://www.fisc.jp/archives/cat9/cat86/post_355.html
 ■福井県産業情報センタービル所在地(Googleマップ)
  http://goo.gl/maps/Tiec

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●お申し込み・お問い合わせ先
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 公益財団法人 ふくい産業支援センター 地域産業支援部
 (担当:木村、大木)
 
 福井県坂井市丸岡町熊堂第3号7番地1-16
 電話:0776-7409・7411/FAX:0776-67-7419


 ★詳しくはホームページでご確認ください。
  http://www.fisc.jp/archives/cat3/post_353.html

 

---------------------------以上

すばらしい取り組みだと思います。是非有意義に活用されることを願います。

 

営業案内カレンダー 黄色の枠は定休日です。

このブログ記事について

このページは、塗り物ライフが2011年4月 7日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日は月に一度の大掃除、暖かくて掃除日和です。」です。

次のブログ記事は「うばい合えば足りぬ。わけ合えばあまる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count